Eeebook X205TAをUbuntuで延命完了

シェアする

そんなわけで、わたくしごとですが。

Atom機でメモリー2Gでもはやwindows10で動かしてるとモッサリしすぎて、ブログを書くだけでもイライラマックスだったうちのノーパソ

ついにLinuxで完動!!

今まで色々と試行錯誤したものの決め手にかけて常用不可だったんですよねぇ。
不安定だったり、USBの無線LANが必要だったり音がでなかったりと、一筋縄ではいかなかったじゃじゃ馬のX205TA。

それがついに!!!

追加機材なしでこうやってブログ執筆に使えるようになりました♪

もちろん音も出るので

youtubeも当たり前の様に見れます。

なにより windowsに比べてめっちゃサクサク!!

これなら全然常用可能っすわ♪

方法はこちら

ぶっちゃけ、そこまでLinuxには詳しくないのでCUIでバリバリカスタムしまくり〜みたいなスキルはないんです俺w

ってことで参考にしたのはこちら。

画像ではUbuntu 16.10となっているが中身は17.04のデイリービルド版 ※2017 05/29 内蔵サウンドが動作するようになりました ※2017 02/20 内蔵BT有効化方法及び内蔵WIFI有効化簡略化、また内蔵サウンドについてを追記 X205TAを購入し、利用開始してから1年と9ヶ月経ちました 当時の購...

結果としては
「確実に書いてあるとおりにやればできる!!」
って感じですね(笑)

やってみた注意点としては

  • ターミナルでの操作時にコマンドを打ち込む際に、スペースの入れどころを見まごうとハマる。
  • geditをsuperuserモードで動かすと画面が化けて使い物にならないので、基本的なVIMの使用方法を覚えておいたほうがよい( インサートモードと追記とセーブくらいでOK)
  • 32bit版Chromeがすでにリリ
    ースされていないので、他のブラウザを使わないとイケない(うちはVivaldi使ってます。Chrome拡張使えるので)

くらいな感じ。

タッチパッドは普通に二本指スクロールできますし、タップでクリック、二本指タップで右クリックもいけるんでMACBOOKっぽい操作系ですし、意外に使いやすいかも

まとめ

Chromeとパスワードや拡張の同期ができないんで、ちょっと面倒ではありますが、windowsでモッサリしてるのを使い続けてるよりなんぼかマシ。

ってかWindowsを完全に消してリナックスぶっこんじゃったんでもう後戻りはできませんw
(もちろん外付けには残してありますが)

そんな感じで、かれこれ2年半越しでやっと「常用できるLinux環境」をX205TAで構築できたことになります。

噂では次のカーネルでは、デフォルトで対応してくれるらしいので、特殊な設定をしなくても使えるようになるんだとか。

個人的にはLinux Mintが好きなので、時期カーネルがリリースされたらMintに乗り換えたいとおもいます♪

ではでは♪

この記事が気に入ったらいいね!しよう。
(最新情報をお届けします)

シェアする

フォローする