とまじぃさんち

Without haste, but without rest.

「はてなブログ→ローカル環境のWordpress→本番用サーバー」試行のよもやま話

いやぁはてなブログのHTTPS化であったりとか、一時期のはてなブーストの弱体化なんかが語られ始めてからと言うもの、Wordpressへ流出する人が増えてきましたよねぇ。

私の場合は、まぁ現状すぐにWPへとかは全然考えてはいなくて、はてなブログが公式にHTTPS化に対応するのにも付き合って見たいし、特にはてなで困ってる事もないし〜ってな感じで、WP移行組を暖かく見守ってるくらいの感じなわけでございます。

ただほら!

こんなご時世ですから、急に「第5次はてなショック」とか「やっぱHTTPS化が不具合だらけでした〜」みたいな事態にならないとも限りません。

そうなった際に「え〜!Wordpressとか全然わかんな〜い!!」ってそこから色々知識を貯めていくのもアレな訳で。

って事で色々と理由をいってみたものの「なんとなく面白そうだから色々試してみよう〜」って感じで、ここ5日ばかりの間、記事も書かずに「できるだけ楽にWPに移行する手段」を試行していたので、個人的覚書もかねて記事にしようといった感じです。

移行の概要

できるだけめんどくさい事はしたくないですし、サイトがダウンする期間も最低限にしたいですし。

勿論データーベースを直接いじるとか、設定ファイルをいじるとかもやりたくない!

できれば「ほぼ自動」がいいなぁって言うぬるいノリですw

あと、パーマリンクがどうのこうのとか、ブログカードがどうのこうの的な話はなし。
そこらへんはローカル環境でいやってほど作り込んでから移行って流れなので、今日のお話はあくまでも「どうやって移動したか?」って話に絞ります。

内容の修正などは、他の方の移行記事をご参照くださいませ

流れ

  • はてなからエクスポート
  • Wordpressを自分のPCにインストールしてそこに記事をインポート
  • 色々と体裁を整える
  • プラグインでエクスポート
  • 本番用のサーバーにインポート

こんな流れになります。

はてなからのエクスポート

はてなのダッシュボード→設定→詳細設定→エクスポート

ローカル環境

最初に試したのはflywheelと言う仮想環境。

capitalp.jp

非常に設定も楽で機能も豊富だったのだけれど「Auto Post thumbnail」と言う、アイキャッチ画像を自動で設定してくれるプラグインがまともに動いてくれないと言う不具合が発生したので断念。

結局つかったのがMAMPと言うローカル環境。

techacademy.jp

FlyWheelがvirtualBoxでの仮想環境で動くのに対し、MAMPはMac上(またはWindows上)で普通にApacheが動くので動作速度が速かったり、ディレクトリ構成がわかりやすかったりするので、こっちの方がおすすめですね。

で、まぁ詳しい説明は置いといて、

  • MAMP上にWordpressををインストール
  • Movable Type インポーターではてなの記事を読み込む
  • Auto Post thumbnailプラグインでアイキャッチを自動設定
  • パーマリンクをはてなの記述に合わせる(○○/entry/○○)みたいな感じ
  • 一通り記事に目を通しておかしなところは修正(ブログカードとか)

こんな感じの作業をして、ローカル上でまともに見えるように仕上げるところまでやっつけちゃいます。

本番用サーバーへの移行

これも最初はWP duplicatorとか言う定番の複製plug-inをつかったんですが!

このアプリ、どうやら「.htacces」を書き換えちゃうらしくて、サーバーによっては「リダイレクトの無限ループ」に陥っちゃったりするんですよねぇ。

今回テスト用につかった Xdomainの無料WPサーバーもこれのおかげで「謎のリダイレクト祭」に陥ってうまく行かず・・・。

って事で、Duplicatorよりちょっとだけ手間がかかりますが、確実に引っ越せる「All-in-One WP Migration」と言うプラグインにて引っ越し・

Duplicatorプラグインの場合は、空のサーバーに該当ファイルをうpして、あとは所定のスクリプトを走らせれば、それだけでおわるので非常の手数は少ないのですが、汎用性的には結構クセが強いらしく、今回はうまく行きませんでした。

All-in-One WP Migrationの場合は「あらかじめ本番サーバーにWordpressをインストールして、さらにAll-in-One WP Migrationプラグインをインストールした上でそこからインポートする」事になるため、幾分手間が増えます。

ただ、あまり環境に左右されない様なので、ドツボにハマりたくない人はAll-in-One WP Migrationの方が無難だと思います(笑)

ここも説明はざっくりですが

  • ローカルのAll-in-One WP Migrationから記事をエクスポート
  • 本番用サーバーにWPをインストール
  • 本番用WPにAll-in-One WP Migrationプラグインをインストール
  • 本番用All-in-One WP Migrationで記事をインポート

こんな流れです。

まとめ

と言う事で駆け足で説明して参りましたが、こんな感じでやったところ f:id:tomag:20171024230939p:plain

特につまずくこともなく無事にWPに移行することができました。

まぁ、途中に出てきた「体裁を整える」って作業が思いの外めんどくさいので、実際はそこがメインの作業になってくるんですけどね。

逆にその「手間がかかる作業」に集中できる様に、前後の作業はできるだけ簡略化したいってぇことで、下準備で色々と試してみた次第です。

あくまでも「流れ」を説明しただけの記事なので、実際にやろうと思った方には全く役に立たない記事だと思いますので、移行を決意した方はもっと丁寧な解説記事を検索してみてください(笑)

需要的には「○○な仮想環境つかったけどうまく行かなかった」とか「△△のプラグインつかったけどできなかった」系な人の役に立てればいいかな?って感じです。

って事でいざと言う時のために「予備知識」の準備はしとこうね!って言う記事でした ( ^_^)/~~~