はじめてのストロングゼロの味は「スレッジ・ハンマー」だった

世間では「コンビニで買える麻薬」とまで評されているストロングゼロ。

あまり家では酎ハイとかは飲まないので未体験だったのですが、ついに初挑戦してみました。

普段の酒量

ストロングといったところで、所詮9%。

ワインとかは普通に一本飲めるし、常用酒は泡盛の水割りだし、夏場に飲むハイボールだってそこそこのアルコール度数。

普段は缶ビール500mlを2本程度と泡盛の水割りを一杯くらいの酒量ですから、そこまで酒に弱い体質でもないわけで。

「噂が独り歩きしてる酎ハイ」くらいのノリでしょ?www

くらいのノリで試してみたわけです。

実食。。。じゃなくて実飲

今回試したのはこれ。

サントリー チューハイ-196℃ストロングゼロ<ダブルレモン> 350ml×24缶

いちばんオーソドックスなタイプですよね。

さて。。。どんなもんでしょう。

あ・・・これレモン風味のアルコールだ(汗

泡盛にしてもウイスキーにしても、アルコール感より先に「酒の持っている味」が先に感じられるのに、こいつは「アルコール」以外の何者でもない。

「500ml買わなくてよかった…」
これが一口飲んだ際の正直な感想でしたからね。

おまけにレモンとアルコールが完全に分離して襲ってくるw

たとえるなら、「レモン汁とアルコール原液を別々に口内でまぜている」ようなノリ。

350ml飲み干した感想は「ビール1リットルとか目じゃない酔い方」だったのは言うまでもありませんでした。

これだけストレートにアルコールを感じる飲み物は、ほかには激安系日本酒くらいしかおもいうがびません。

まとめ

ギムレットの亜種でスレッジ・ハンマーというカクテルがあります。

レシピは ウォッカ50ml ライムジュース10ml

ストロングゼロの破壊力はアルコール度数が30%を超えるこのカクテル並でありました。

文字通り「スレッジハンマー(破壊鎚)」並みですね…

合法ドラッグの名は伊達じゃなかったw

雑記
スポンサーリンク
「とまじぃさんち」を購読する
スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

とまじぃさんち

コメント