とまじ庵

かつてはここが本家だったのだが?

楽天のJCBデビットカードがPayPayや楽天Payで使えないのでVISAデビットに切替えた話

今日のお得情報

iPad・Surface・プレステ・Amazon EchoやFireタブレット。他にもあの電気製品やあの日用品も。あれもこれも安くなる今年最後の大セール。時間限定タイムセールも開催されるのでお見逃しなく!!

サイバーマンデー会場はこちら ▶

世はすっかりキャッシュレスに向けて加速中ですね。

ということで、私もいよいよキャッシュレスに向けて動き出そうと思い、各種ペイを登録しようとしたのですが、意外な障壁が!!

今回はそんなお話をお送りいたします。

キャッシュレスしたくなったきっかけは?

私の場合お小遣い制のお父さんなので、いままでは「もらったお金を財布に全部入れて一か月生活する」というノリだったので、個人的な銀行口座というものは持っていなかったんです。
(もちろん「私名義の口座」はありますが、かみさんが管理しているので)

しかしこの頃、ある程度副収入的なもの(ブログの広告収入とか)が増えたおかげで、月に数万円づつ増えていく財布の中身。

月あたりの余りはたいしたことがなくても、毎月増えていくと気づけば「机の引き出しに封筒に入れた30万円」みたいな不用心な状態に(笑)

ということで、これからもある程度増えていくであろうヘソクリを貯めておくべく楽天銀行に口座を開設したわけです。

JCBデビッドにしたのは手数料が無料だったから

口座開設自体はいたって簡単で、必要事項を記入したあとに「個人を証明する書類」を写メるだけ。(免許証とかパスポートとかでOK)

で・・・キャッシュカードが後日に郵送されてくるわけですが、「ただのキャッシュカード」では芸がないので「デビットカード」にしたわけです。
(デビッドカードというのは、買ったその場で引き落としが行われるクレカだと思ってもらえばOK)

私が口座開設した時点で選べたのは以下の3種類。

  • 楽天ゴールドデビットカード(Visa)年会費5400円
  • 楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)年会費 2100円
  • 楽天銀行デビッドカード(JCB)年会費永年無料

年会費無料だからJCBにしておけばいいや~♪

ってな感じで深く考えずにJCBに決定したわけです。

世はキャッシュレスブームへ

そんな感じで、今までであれば
財布の中身が減る→机の中の封筒から補給
というノリだったのですが、銀行に預けてしまったので急な出費などがあって予定外に使ってしまった場合などは、そのたびに銀行へ行かなければなりません。

と言って多めにおろしておくのもまた本末転倒。

なんて思っていたら、世間でPayPayやらLine Payやら楽天Payやらという「スマホ決済」が流行り出しまして。

元々カードを持ち歩のが嫌い(破損したり紛失したりの可能性から)なので、このブームは渡りに船(笑)

普段の会社帰りになにか買う店はだいたい決まっておりまして

  • ローソン(楽天Pay または Line Pay)
  • クスリのアオキ(PayPay)

こんな感じで使えるので、普段の生活の食材や酒・飲料などはキャッシュレスでイケるじゃん!!!ってことで登録をしはじめたのです・・・・が・・・・・。

楽天デビット(楽天銀行)で使えるのはLine Payのみ

とりあえず全部登録しておいて、店によって切り替えればいいっしょ!ってなノリで登録をはじめました。

Line Pay

基本的に「口座から直接引き落とし」というシステムではなく「チャージ制」をとっているので、銀行口座から直接チャージすることが可能。

楽天銀行にも普通に対応しているので「デビットカードとしてではなく楽天銀行口座として」登録することで「オートチャージ」などにも普通に対応できました。

とりあえずこれで「ローソン」はクリア

楽天Pay

続いて楽天Pay。

LINE Payがローソンで使えるのでいいんですが、「チャージ」じゃなくて、直接引き落としのほうが便利っちゃぁ便利。

楽天IDでログインすれば、すでに楽天に登録してあるカードから自動的に引き落とされるらしいし楽勝っしょ・・・・って始めたものの・・・。

使用可能なカードを登録してください!!

って・・・ちゃんと楽天のJCBデビット登録してありますやんか・・・・・。

で・・調べてみたところ。

楽天発行でもJCBデビットは使えない(VISAデビットは使える)

らしいです・・・・。

なんで楽天で発行したカードが楽天Payで使えないねん!!と文句をいいつつも、使えないものはしょうがないので楽天Payは断念。

PayPay

次はPayPay。
クスリのアオキではビールや酎ハイ、シリアルやプロテインバーなど、定期的に購入するものがおいので、ぜひキャッシュレス化しておきたいところ。

ということでPayPayの登録を始めたのだが・・・。

クレジットカード→Visa & MASTER のみ

銀行口座

楽天銀行ないやん・・・。

ということで、PayPayも使えず・・・・。

デビットカードじゃなくて、普通のクレカはVISAも所有していますので、そっちを使えば問題ないんですが「使ったお金はその場で減ってほしい」という昔の人なのでコンビニとかで買ったものが「翌々月」とかに引き落とされるのは生理的にいやなんですよねぇ(涙

絶好のタイミングで「年会費無料のVISAデビット」が!!!

と言うことで結局JCBだと色々不便なんで、年会費2160円のシルバーデビットに切り替えようかと楽天を見に行ったところ・・・・。

3種類の楽天デビットカード

おおおお!!!!!年会費無料のVISAデビットが増えてるぅぅぅぅぅ!!!

どうやら2018年の12月からあらたにリリースされたカードらしく、JCBと同じく年会費無料で使用が可能とのこと。

切り替え手数料がかかるけど切り替えました

ということでVISAデビットに切り替える事に。

最初はよくわかってなかったので「VISAとJCBの二枚持ち」になるのかなぁ?なんて思ってたんですが、どうやら「切り替え」になるらしくて「新しいVISAをATMで使う」または「発行後30日経過後」に旧JCBが使えなくなりVISA側のカードが有効化されるようです。

ちなみに切り替え手数料が540円かかり、楽天口座から引き落とされます。

まぁ・・・年会費払うと思えば安いものです(笑)

まとめ

いわゆるオンライン系銀行のネックとしてはやはり「手数料」の部分があるかと思います。

楽天銀行にしても「預金○○円までは手数料○回無料」みたいなのはありますけれど、とはいえ「週に二回出金」みたいな細かい出し入れをしてる人なんかはあっという間に有料になってしまいます。

そこらへんのネックも「スマホ決済」であれば手数料を払うこともなく、なおかつ「大事なカードを持ち歩く必要もなく」実現できるわけですから、利用しない手はありません。

これから楽天銀行を開設されてデビットカードも作ろうとしてるそこのあなた。

www.rakuten-bank.co.jp

JCBよりVISAにしておいた方が、あとあと苦労しないで済みますよ(過去の自分に捧げる言葉w)