とまじ庵

かつてはここが本家だったのだが?

Pixel 3aが届いたのでとりあえずカメラのレビュー(撮っただけw

今日のお得情報

iPad・Surface・プレステ・Amazon EchoやFireタブレット。他にもあの電気製品やあの日用品も。あれもこれも安くなる今年最後の大セール。時間限定タイムセールも開催されるのでお見逃しなく!!

サイバーマンデー会場はこちら ▶

以前にこんな記事を書きました。

www.toma-g.net

物販系ブロガー的にぶっちゃけた事を言ってしまうと

  • Pixel 3aはGoogleストア または 通信キャリア(DOCOMOとか)じゃないと買えないんで、アフィリエイトできない!
  • P30 LiteはAmazonでも楽天でも売ってる上に 格安SIM会社でも抱き合わせ販売されてるのでアフィリエイトし放題

ってな感じで、ブログの収入を考えたら絶対P30 Liteにするべきだったんですよ。

でもねぇ・・・人ってのは「自分が本当に欲しい物」に嘘をつけないんです(笑)

ってことで結局 Pixel 3aを購入しました。

Pixel 3aに決めた理由

前回の記事にも書きましたけれど、基本的には「スマホの性能」にはあまりこだわりがありません。

「性能」っていうのは 処理能力であるとか3D性能であるとかそういう部分。
ゲームをしたりなどの重い処理はほとんどしませんし、いわゆるミドルスペックのスマホで全然問題ないといった感覚。

逆に譲れないのが「カメラ性能」

過去にミラーレス一眼やら高級コンデジやらも使ってみたんですが

  • それなりにこだわった設定で撮らないと いい写真は撮れない
  • 突然良い景色に出会った時にカメラを持ってきていない

なんて事も多々あって、結局「スマホ撮影」が多くなってしまうんですよね~。

今までiPhone 6sを使っていて「そこそこ」満足な写真が撮れていたわけですが、最新iPhoneに機種変となると予算的に厳しいと・・・・。

そうなると・・・・世間では「iPhone超え」とも言われているPixel 3の廉価版であるPixel 3aという選択肢になったわけですねぇ(笑)

廉価版とは言え Pixel3に搭載されている「画像専用処理チップ」が搭載されていないため、画層処理がちょっと遅い(体感はそこまでないらしい)だけで 得られる写真は同等・・らしい。

これで iPhone系よりかなり安い 48000円ですから お得感やべぇやつです!!

一眼で撮ったような写真を「たくさんのレンズ」にたよらず「Google自慢のAI」で再現しちゃうという そんなカメラの実力・・・ワクワクします!!

撮った写真を並べていくよ♪

ってことで本体自体は「普通のスマホ、素のAndroid」で特筆するほどの事もありませんので、とりあえず撮った写真を並べつつ 簡単な解説をつけくわえていきます。

ポートレートモード

iPhoneXRとかP30系では「人物」でないと使えなかったポートレートモードが どんな被写体でも使えるのがPixelのポートレートモード。

 

ただのビールの缶を撮っただけでもこのアーティスティック感(ほめすぎw

 

ポートレートモードの天敵と言われる「モフモフ系」である我が家の愛犬ですが、耳のまわりのモフモフした複雑な毛の形状も違和感なく切り抜いてくれています。

 

ガジェット紹介などでのいわゆる「ブツ撮り」でもこのポートレートモードは使い勝手良さそうです。

 

次は屋外に出て犬の散歩をしつついつもの風景を切り取ります。
普段見てる風景なのに 背後がボケるだけで途端にフォトジェニック!!

 

ご近所の畑に巻かれた古びたホースもポートレートモードで撮っただけで 哀愁が漂った写真に大変身(笑)

 

そして秋の風物詩の彼岸花。
さすがに形状が複雑すぎて 左端の部分が不自然なボケ味になっちゃってますが・・・さすがのAIと言えどもこの形状をキレイに処理しろってのはさすがに酷ですよね~。

ナイトモード

次は 明かりがほとんどない暗さでも撮れちゃうという ナイトモード。
電気製品の「電源ランプ」だけで照らされた真っ暗な部屋での撮影です。

まずは比較用にiPhone6Sで撮った写真。
電源LEDがうっすら光ってるだけで ほぼ真っ黒ですね(笑)

 

まったく同じタイミングでPixel 3aのナイトモードで並べて撮った写真がこちら。
さすがに「むっちゃ明るい」写真は無理ですが、ほぼ光がない状態でこれだけ撮れちゃうのは驚異。
左のほうがうっすら白く明るくなっているのは「ふすまの隙間からうっすら漏れている隣室の明かり」です。

実際肉眼で見たら「スゲ~暗い部屋」ですので念のため。

ノーマルモードもなかなか優秀

AIが撮影対象にマッチした処理をしてくれるので、普通に撮ってもなかなかキレイに撮れるPixel 3aのカメラ

太陽がフレームインすると「白飛び」や「暗すぎ」になっちゃって、一眼でもむずかしいようなシチュエーションですが、PixelのAIのおかげで「シャッター押すだけ」でこの絵が撮れます。

 

いつも通る路地裏も 解像感豊かな描写でまるで別の街のよう♪

 

東の空に太陽が登ってきて手前側の壁が陰になるため、下手な撮り方をすると手前の壁が黒つぶれしてしまう場合も多いのですがシャッター押すだけでこのバランス。すげぇなPixel・・・。

まとめ

といった感じで、室内やら犬の散歩中やらと「ついでに撮った」感満載の写真たちですが、ぶっちゃけこれだけ撮れるなら「個人的には一眼いらない」といえるレベル。

もちろん「私自身に一眼を使いこなすテクや知識がない」からではあるのですが、そんな「カメラ素人」でもこのくらいの写真が撮れる「AI技術」・・・侮れませんなぁ。

なにやら半月後くらいにPixelの新機種が出そうな噂もありますし

japanese.engadget.com

その流れで 現行Pixelが今日まで投げ売りモードに入ってたりしますので、今が買い時かもしれませんよ~♪

さて・・・・一番の問題は・・・・。

iPhoneに慣れすぎてAndroidの使い方をすっかり忘れてるってことだな(汗

以上 現場からとまじぃがお送りしました~♪