MacBook ProはTouch Barなしで後悔しない?

かれこれMacBook Pro 2017 Touch Barなしモデルを購入して一ヶ月が経過しようとしております。
この一ヶ月間、ほぼWindowsに触れることもなく、Macのみで生活して来たのでMacBook Pro Touch Barなしモデルの使用感などを様々な面から書いていこうと思います。

(ちなみに、Mac初体験で舞い上がってる記事というわけでは無く2015モデルからの乗り換えなので、「MacBook初体験で超舞い上がり系記事」ではないと思います・・・多分)

Touch Barありモデルとなしモデルの差から

一ヶ月前に購入したモデルがMacBook Pro 2017モデルのTouch Barなしモデルということで、同モデルのTouch Barありモデルとのスペック上の違いを見て見ましょう

Touch Barなし Touch Barあり
CPU core i5 2.3GHz core i5 3.1GHz
USB数 2 4

画面解像度やメモリー容量などは変わりありませんので、基本的には上記の表の違いのみ(Touch Barの有無も含めて)ということになります。

ということで各項目ごとに「後悔しているか?」を見ていきましょう。

Touch Barがない件

まずはわかりやすいところでTouch Barがない件について。

実際のところ、動画編集やDTM系(と言ってもApple純正ソフト出ないと対応していない場合もありますが)での操作が直感的に行えるという点では良いものだと思います。

他にも漢字変換の候補がTouch Barに表示されるので「見たまま」操作できると言う利点もあります。

しかし私の場合、漢字変換ではファンクションキーを使わない(contorl+○)派なので、ファンクションキーに手を伸ばす機会がほぼありません。

むしろ「見たまま」と言う利点に関しても「キーボードを見ない」ので利点ではないと言う・・・。

おまけに一日の使用のうち、3割くらいはデスクトップ化(クラムシェルモード)されて運用されているので、Touch Bar操作に慣れてしまうとデスクトップ運用時に色々と困惑することになります。

そんな感じなのでTouch Barがないという件に関しては「特に不便は感じていない」と言ったところ。

なんだかんだで普通のファンクションキーに慣れちゃってますからねぇ(笑)

あと、カタログスペック上の「バッテリー駆動時間」はTouch Barの有無に関わらず同じということになっていますが、実際の使用状況だと3時間程度の差が出るのだということらしいです。

参考リンク

新型「MacBook Pro」の先行レビュー記事を公開していたArs Technicaが13/15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」Touch BarモデルおよびTouch Bar非搭載モデルの電池持ちを比較していたので、紹介する!

現状Touch Barなしモデルを休日などは結構な長時間使っていますが、朝から使って寝るまでの間に「うわ!充電しなきゃ?」って事態に陥った事がありません。
最低まで減った時でも7%くらいで就寝時間でしたから、結構バッテリー持ちが良いのは確かだと思います。
(もちろん飲まず食わずで20時間とかフル稼働させていた訳ではありませんよw)

これがTouch Barありモデルの場合だと、3時間程度稼働時間が短いという事になりますので
「よし!夜になったしアレな動画とか見まくっちゃうぜ!!」なんて頃に「充電してください」なんて言う事態に陥ってしまうパターンもあると言う事ですね。

USBポートの少なさ

Touch Barなしモデルがありモデルに劣っているもう一つのポイント。
USB Type-Cが二つしかない
という拡張性の低さ。

これに関してはかなり懸念していたのは事実でした。

ところが!!

二個のうち一個しか使ってない というのが実際のところ(笑)

手前側の穴にはいまだに何も差し込んだ事がありません!!

ちなみに現在のデスクトップ運用時のセッティングがこんな感じ。

ここからさらにTime Machine用の外付けHDDまで追加していますが、HooTooのハブ一個のみで全く問題なく使えています。

流石にここにオーディオインタフェースを追加してDTMがやりたいとか、もっと大量の周辺機器を接続したいとかになったら、もう一個ハブを買うしか手段はないと思いますけれど、はっきり言ってその手の高度な作業は13インチMBPではなく、15インチMBPやデスクトップのiMacの縄張りだと思うんですよね。

  • デスクトップ形態で作業するためにHDMIで外部ディスプレイにつなぐ
  • キーボードやマウスも外付けを使用する
  • Time Machine用に外付けHDDをつなぐ
  • デジカメなどからの取り込み用にSDカードを使用する
  • USBメモリや他のUSB機器を臨時でつなぐためにUSB一個は空けておきたい
  • もちろん充電用電源もここから供給

このくらいの拡張性であればType-C(Thunderbolt3)一個+ハブで賄えてしまいます。

実際に世間の周辺機器たちがType-Cに直結できる形状になっているのであれば、Type-Cポートが少ない事は欠点になってしまうのでしょうが、流通しているUSB機器のほとんどが旧USBである現状を考えれば、結局はType-C対応ハブを接続せざる負えないので、ポートの少なさは特に短所ではない!という感想です。

この章の結論としては
将来的にType-C対応機器が増えてきたら後悔するのかもしれないけれど、現状では何の不満もない
と言ったところです。

CPU性能

続いてCPU性能に関して。

i5の2.3GHzという事で、2年前のMacBook Pro early2015の「i5 2.7GHz」より、遅くなってしまった様に思われますが・・・。

昨今のCPUはクロックだけでは実力を計り知れないのが常でありまして。

詳しい話は別記事で書いていますので、そちらを参照していただければと思います

いよいよ月末も近づいてまいりました。 ってことで今月の我が家の一大イベントといえば・・・。 MacBook Pro購入!! 以前も書いたんで...

実際のところは
Touch Barなしモデルは平常時は低クロックで電力を節約してエコに作動しているが、いざというときはTouch Barモデルを凌駕する羊の皮を被った狼
と言えるかも知れません(ちょっと褒めすぎたかもw)

実際に使用していると、限界までCPUを使い切る事はほとんどなく、iMovieでフルHD動画のエンコードなどを行っても、ファンがフル回転する様なこともなく、静かそのもの。

この一ヶ月間で二回ほどファンがフル回転する事態に遭遇したのが下記の二回

  1. 蓋を閉じたまま(クラムシェルモード)マインクラフトをプレイしたら放熱しきれなくなってファン全開。
  2. Google Chrome Helperというソフトがなぜか大増殖してCPUを使い切る事態に陥る(Chromeではよくある事w)

この二回だけでした。

最新の3Dゲームをプレイしたいとかの場合は流石にパワー不足を感じる事もありますが、boot campでElders Scrolls 5 Skyrimをプレイしてみましたが、MOD大盛りにでもしなければ、普通に40FPS程度でプレイできてしまうので、全く問題なし。

この章の結論としては

グラボを積んだデスクトップには流石に敵わないものの、ノートに求められるであろうスペックは十分に超えている。

と言った感じですかね?

もちろん世間には常軌を逸っしたモンスターノートも存在するので最強ノートとは言えませんが(笑)

まとめ

世間ではMac vs Windows の様な宗教戦争が頻繁に勃発していますが、なんだかんだ言って「過不足なく、ストレス無く使えるノートPC」というカテゴリー内で考えるとMacBook Proは、高次元でニーズを満たしていると言って問題ないと思います。

そして、2017Touch Barなしモデルはコストパフォーマンスの部分でもかなり良い線行ってるんじゃないかなぁ。

むしろ、Touch Barありモデル買えるくらいなら15インチ買ったらええやん?

という極論でこの記事を〆させていただきます(笑)

いや・・指紋認証でログインできるとか動画編集で便利とか、平常稼動時のパフォーマンスはTouch Barありの方が上なのはわかってるんですけれども・・・・。

Touch Barなしで困ってないんですものぉぉぉぉぉぉぉ!

以上!Touch Barなしモデル所有者なので、多分にバイアスかかりまくりの記事なので、信用しちゃダメだぞ(マテ
(心の中では真面目に最強モデルだと思ってますけれども)

広告
この記事が気に入ったらいいね!しよう。

フォローする

こんな記事も読まれています
広告