「曲作り」はそれほど難しくない!ってお話

以前の記事を読まれた方はご存知かと思いますが、わたくし はてなブログでブログを書き始める数年前。 ニコニコ動画界隈で、通称「ミックス師」「ミキサーさん」などと言われる事をやっておりました。

その時に無駄に色々買い漁った経緯で、
ミックス用機材記事
https://www.toma-g.net/entry/niconico_mixer

スピーカーレビュー記事 https://www.toma-g.net/entry/2016/03/21/110229

ミックス支援動画

https://www.toma-g.net/entry/mix_sien

を書くことができてるわけですから、経験というものはどこで役に立つのかわかりません。


曲作りは意外と簡単

あくまでも「詞を書いて曲をつける」って意味での曲づくりです(笑)
その曲が名作になるかどうかは個々人の才能次第ですので。

ガッツリ基礎から組み上げて行きたい人は

TASCAM SONAR Professional

TASCAM SONAR Professional

とか

を買っておけば間違いありません。

今回はそういうお話ではなくて
「適当にやってそれっぽい曲になる」 方法です。

MusicMaker という格安ソフト

曲作りと言うより部品を並べる感覚で曲を組み立てられるのがこのソフト。

Music Maker MX2 Producer Edition

Music Maker MX2 Producer Edition

1.スタイル(ジャンル)を選ぶ
2.楽器を選ぶ
3.音程(コード)を選ぶ
4.色んなパターンがあるので、気に入ったのを上に放り込む

f:id:tomag:20160513072438p:plain

あとは適当に選んで放り込んで行けばOKです。

ギターとか少しかじった人ならすぐに理解できるインターフェースですね。

それさえも面倒くさい場合は
f:id:tomag:20160513073016p:plain

   ジャンルと構成さえ選んでしまえば、勝手に曲を作ってくれる機能さえあります。
(すでに作曲とはいえない次元ですが(笑))

もちろん各種シンセサイザーも内蔵されてますので、自分で打ち込みでフレーズを作っていく事も可能です f:id:tomag:20160513072657p:plain

充実のエフェクト群

曲を作ったからと行って、そのまま公開したのでは「なんか味気ない」「さっぱりしすぎ」なモノになってしまいます。

いわゆる「味付け」にあたる「ミックス」が必要になってくるんですね。

安心してください!!

f:id:tomag:20160513073255p:plain
無駄に高クオリティなエフェクタが数々入ってます。

そして素人には敷居が高いマスタリングもほぼ自動。
f:id:tomag:20160513073412p:plain

他にも同画面内で簡単な動画編集さえ出来てしまいます。
ニコニコ投稿時なんかにも便利な機能ですね。

おっさんでもこのくらいの曲ができてしまいます。

初音ミクでおなじみのVOCALOIDとの連携もスムーズにできるので、ちょっとの手間で「それっぽい曲」が作れてしまいます。

それでは!!とまじぃさんが5年ほど前に血迷って作ってしまった曲

YAKINIKU☆Forever 張り切ってどうぞ!!


「Yakiniku☆Forever」仮ver6

敗因は「自動作詞機能がなかったこと」ですね(泣)

まとめ

そんな感じで、実はスピーカー系まとめ記事を書こうと思ったのですが、気づいたら「MusicMaker」のレビュー記事を書いてしまっていたとまじぃです。

なんだかんだで古臭~い感じの曲調になってしまうのは、生きてた世代がそんな時代だからってのもあるんですが、そこらへんはまた別の記事にて

https://www.toma-g.net/entry/favorite_disco_songs

謝辞

画像は Music Maker MX2|製品情報|AHS(AH-Software) からお借りしています。