ガッツリ系食堂「そばかつ慶兆」に行ってきた

筆者が上越に移り住んで約20年。

当時はお世辞にも「外食産業が盛ん」とは言えず、ラーメン店なども昔ながらの食堂系が主だったのは懐かしい思い出ですが、昨今は色んな店が出店されていまして良い時代になったもんだなぁと!

そんなこんなで今回は「そばかつ慶兆」さんに出向いてまいりましたので感想などをツラツラと。

広告

そばかつ慶兆とは?

上越大通り沿いの大型パチンコ店「MEGA GAIA」内に併設されたお食事どころ。

完全にパチンコ店の一部です(笑)

繁盛しまくっているパチンコ屋さんなので、昼食時以外でも駐車場が混んでいるのでお気をつけを。

このそばかつ慶兆さん、鴨島付近にある「そば 慶」さんやイオン内にこの頃できた「ロケット食堂」の姉妹店となっております。

そばかつ慶兆のメニュー

壁などに時期ものの食べ放題メニューなどもありますが、とりあえず常設メニューはこんな感じ。

そばかつという店名だけあって、もちろん蕎麦とカツがメインではありますが、他にもラーメンやカレー、うな重など「何でも屋」感がやばいです(笑)

ステーキは300g(ご飯なし)で1200円ですが、1500円払うと「食べ放題」に。

店の人の話を聞いていたら「最大7枚」食べた人がいるそうで・・・7枚って2kgですやん・・・(汗

店内の雰囲気など

店内の写真などは撮れませんでしたが、基本的に半円状のカウンター(牛丼屋系)が2つと、3m直線カウンターが一箇所。

私は入口付近の直線カウンターに座っていたのですが、見える範囲にはテーブル席などは見えませんでした。

基本的に「パチンコ客」がメインターゲットなので、お一人様でも躊躇なく入れる作りな感じです。

ただ・・・一般的な食堂に比べると・・・・。

真っ昼間からビール飲んでる人多すぎwwwwwww

いやぁ・・パチ屋併設ですから覚悟してましたけど、やはりアウトローな感じの方が結構多かった(笑)

接客面

基本的に「放置系」のお店といった印象。

入店してもしばらく経ってから「お好きな席どうぞ~」でしたし、水もしばらく経ってからやっと持ってきてくれたし、注文もなかなか取りに来てくれないし(笑)

ある程度アグレッシブに攻めていかないといけない雰囲気のお店です。

食べたのはそばかつセット

ということで最初はステーキを食べる気満々で訪問したのですが、注文までの「放置」で心が折れてしまったので、一番無難そうな「そばかつセット」を注文いたしました。

圧倒的ボリュームw

(そばかつセットなのに、「おそばはもう少しあとになります~♪」とか言われちゃって、5分位待たされたのはここだけの秘密。蕎麦のない状態では写真も撮れないので5分間じっと待ってましたがな(涙)

姉妹店がそば屋さんと言うこともあり、蕎麦はコシのある美味しい蕎麦でした。
(ただし、水切りがいまいちな上に、ザルが深めの皿に乗っているので、後半は水に浸かった蕎麦を食べることになり、あっという間にそばつゆが薄まってしまいました・・・。)

カツは「鉄板カツ」という謎仕様なので、熱々の鉄板にキャベツとカツが乗ってきます。
勘のいい読者の方はおわかりだと思いますが、鉄板が熱いのでキャベツは「温野菜状態」になっています(笑)

これはこれでありだと思うのですが、一般的な「シャキシャキキャベツ」が食べたい人は避けたほうが良い仕様ですね。

カツ自体はかつやあたりのカツより厚みもあり、脂も多めなので柔らかくて美味しかったですよ~。

ただ・・・下には「鉄板で蒸されて蒸気を含んだキャベツ」が敷いてあるので、キャベツに乗っている部分の衣はあっという間にシナシナです(笑)

広告

まとめ

ということで、ボリュームも満点で味も良い感じ。
(蕎麦の水切りとカツがふやけるのはどうにかしてほしいけど)

すっかりお腹いっぱいで大満足なメニューでございました。

欲を言えば接客面とかでかなりの不満もありますけれど、まぁ・・・パチンコで勝ったあとに酒でも飲みながら美味しいものを食べる的な使い方であれば、あのくらいの接客でも気にならないのかもしれません。

たぶん二度目からは「そういう店」だと思って行くので気にはならないと思いますが、初見だとちょっと面食らうかもなので、覚悟して来店されたほうが良いかと(笑)

個人的には・・・二度目はないかなぁ(爆)

コメント