iOS12の新機能「計測アプリ」をあちこちで試してみた!|AR技術すげぇな・・・

はい!ということでつい先日にリリースされたiOS12

慎重な人は様子を見てから~♪なんて感じでしばらく待ってたりするんでしょうが、私の場合「どうせいつかは変えなきゃなんだから・・・アップデートするなら今でしょ!!」って考えなので、さっさとインストールしてしまいました(不具合あったらあったで、ブログネタになりますからねw)

で、まぁ新機能は多々あるんですがそこらへんの詳しいことは詳しいサイトを見てください。

年イチの大型アップデート「iOS 12」が正式リリース! iPhone 5s以降に対応です | ギズモード・ジャパン https://www.gizmodo.jp/2018/09/ios-12-release.html

AR機能を使った計測アプリ

結構地味にいろいろなところがアップデートされているのですが、いわゆる新機能としての目玉機能が「計測アプリ」
(ミー文字とかもありますが、我が家の6Sでは機能しないので割愛)

AR(仮想現実)機能を使って、カメラで「長さ」が測れるアプリでございます。要は「iPhoneがあれば巻き尺がいらない」くらいのノリ。

アプリのある場所はデフォルトだと「便利ツールの中」

使い方はカメラに写った画面内で2店を「+」ボタンでセットしてあげるだけ

基本的に「面」があれば多少凸凹していても測れますが、カメラから離れた場所は測れないので、ビルの高さを測りたいなどの用途には使えません。

測りたいものにたいして平行移動(要はカメラから近いまま移動)であればある程度長い距離も履かれますので、カーペットのサイズを測りたいなどの場合は、「カメラを回しながら測る」のではなく「自分も移動しながら平行移動」で測るとうまく行くようです。

なお、あからさまに四角いものは自動認識で縦横を察知してくれて、自動で縦横&面積を出してくれます。AR技術すげぇ。

精度的にどうなのかな?ってことで、我が家のREALFORCE(キーボード)を測ってみました。正確な寸法が36.2×16.8ですから、だいたい合ってる感じですね(そもそも私の測り方が雑でピッタリ角にあってませんしw)

ということで、ニトリに家具を買いに行く際に部屋のスペースやカーペットのサイズを測ったりと便利に使えそうです。ミリ単位の正確な計測には向きませんのでご注意ください。

「計測アプリ」でいろいろ測ってきた

ということで、いろいろ測ってみました(笑)

まずは室内から。

アコギ

缶ビール
f:id:tomag:20180919072751p:plain

続いて犬の散歩のついでに屋外で

マンホール
f:id:tomag:20180919072851p:plain

ひとのうちの表札w
f:id:tomag:20180919072930p:plain

止まれの「れ」
f:id:tomag:20180919073013p:plain

犬(じっとしてないから正確に測れないw)
f:id:tomag:20180919073132p:plain

道路標識
f:id:tomag:20180919073324p:plain

公園のフェンス
f:id:tomag:20180919073456p:plain

まとめ

ということで、実用性はもちろんのことですが、いろんなものを測って遊べる感じの新機能になっております。

てっきりiPhoneX以降じゃないと使えない(Truedepth搭載機)と思ってたんですが、iPhone6Sでも普通に使えるのでみなさんも遊んでみてくださいね♪

コメント