【80年代中~後半のディスコ】でノリノリになれた名曲まとめ

最終更新:2016/05/20

80年台中~後半。
世の中はバブル全盛。

新宿コマ界隈はディスコがたくさん入ったビルがたくさんあった頃ですね。
一番有名だったのはゼノンあたりでしょうか?

選曲がカオスで、洋楽かかりまくってる間になぜか「なんてったってアイドル」をぶっこんでくるニューヨークニューヨークとか。

初めて行った時に「なんでみんな鏡に向かって黙々と踊ってるの??」 って不思議に思ったB&Bとか。

そこらへんから私のディスコ通いは始まり、その後 渋谷のSPAZIOとか日比谷のラジオシティ 青山のKing&Queenあたり。

懐かしい時代ですねぇ。

そんな頃、ソファーでバドワイザーの缶を片手に休憩している時でも、この曲が来たら一目散にダンスフロアに走って行っちゃうでしょ!!っていう曲が少なからずありました(笑)

今日はそんな曲を10個チョイスしてみます。

世代的、通ってたディスコ的に「あれがない!」とか「なんであれ入れてくれないの?」なんてご意見に関しましては文末の【リクエストコーナー】にて追加するかもしれません。どしどしリクエストお待ちしております♪

スポンサーリンク

Stacey Q – Two Of Hearts

「アッアアア!アイニー!I need you!!」でお馴染みのTwo of hearts。
これは好きすぎて、来日時に中野サンプラザでライブあったんで行きましたからね(笑)
口パクライブだった上に知ってる曲がTwo of heartsと We connectしかなくて非常に悲しい思いをしたのは、今となっては良い思い出です。

サビ前が「御免なすって」に聞こえるのは俺だけじゃないはず!!

Aleph – Fire On The Moon

この曲に関しては「今思うとそんなにメジャー級ではなかった?」とか思うんですけど、個人的には「テンション↑↑」系の曲でした。
アレフって名前も曲名もわからなくて、延々YouTubeのユーロビート系まとめ動画聞きまくって探し当てたのは秘密です。

Frankie Goes to Hollywood – Relax

チークタイム明けに、雄叫びからの重低音4つ打ち!!
そりゃもう、ダンスフロアへ向けて超ダッシュ余裕(笑)
う~ん、記事書きながらつい聞き入って、フルコーラス聞いちゃうんで、全然執筆が進まない(汗)

Kylie Minogue – I Should Be So Lucky

これはもう語る必要がないくらい王道”中の王道ですね。
ダンス上手い人もそれなりな人も、楽しみながらゆる~い感じでのれる良曲でございました。

Berlin – Take My Breath Away

は?こんなマッタリした曲で踊れねぇよ!!って思うでしょ?
当時のディスコにはチークタイムってのがあって、謎の親密ダンスを男女間で踊る風習があったのだよ!!!
この曲はチークタイムの定番!!!!

ナンパに失敗した非モテ男子にとっては、バドワイザーでやけ酒するための休憩曲だけどな(泣)

Lana Pellay – Pistol In My Pocket

これも好きでしたねぇ。
当時はビデオ・クリップとかは大きめのレコード店とか洋楽系のテレビでしか見れない時代だったので、今回動画探してて初めて見たんですよ。
ごっついお兄ちゃんたちが歌ってるとばかり思っていたんですが・・・。

違う意味でゴッツい方たちだったんですね(笑)

Paul Lekakis – Boom Boom (Let’s Go Back To My Room)

ブーンブーン系って結構色々あって、どれか迷ったんですが、やっぱこれが一押しかなぁ?
今聞くと結構歌がアレですね(笑)

Europe – The Final Countdown

この曲もチークタイム明け御用達の曲でした。(御用達の使い方間違ってる気が)
この手のイントロに特徴のある曲は、チークタイム明けで一瞬フロア内に静寂が訪れてからのドーン的な感じなので、インパクト強くて記憶に残ってます。

Bananarama – I Heard A Rumour

あの時代のディスコと言えばバナナラマ!!ってくらい大流行してました。
かなり長い間流行っていたので、たくさんの候補曲がありましたけど、やっぱこれが一番馴染み深いですね。

この人達っていま見てもキリッとした顔立ちで綺麗だよね?(1名除くw

You Spin Me Round (Like a Record) – Dead Or Alive

ミーハーと言われようと、最後にしてはヒネリがないと言われようと!!
やはりあの時代に一番光っていたのはこの方たちでしょう。

渋谷SPAZIOの大スクリーンに投影された眼帯姿のピート・バーンズを見た時には「やっべぇ・・・なんだこのかっこいい人!!」って釘付けになったものです。


Something In My Houseも流行ってたけど、その眼帯姿のインパクトからこいつを選ばせていただきました。

あのカッコ良かったピート・バーンズがまさか整形しすぎであんな姿になるとは当時は知る由もなかったです(汗

まとめ

できるだけ隠れた名曲的に書こうと思ったものの、結局好きな曲はどれもメジャー級になってしまいました。

だってあの頃の曲ってどれも輝いてたからね(笑)

たぶんこの年代に食いつくのはかなりのおっさん・おばさん世代だと思いますので、この一週間疲れた体を懐かしい曲達で癒やしてくださいませ♪

おすすめスピーカー

80sのディスコソングは重低音でブイブイ鳴らしてこそバブル感が出るってモノ!!

と言ってもBOSEとか高いですし、そもそも重低音が強烈過ぎて一般家庭では鳴らせませんw

ということでうちでも使ってるスピーカーのBluetooth版を紹介しておきます。

小さな筐体ながら、近所迷惑にならない程度に重低音も鳴らしてくれる頼もしいやつです♪

Bluetooth対応なのでスマホからもシームレスに鳴らせますので、ハイエナジー系をガンガン鳴らしたい方は試してみてくださいね(^o^)v

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう。

フォローする

こんな記事も読まれています

コメント

  1. kyo より:

    80年代のディスコでかかっていた曲なんですが、どうしても探せません。鼻歌でなら所々覚えてるんですが…途中で、オーブシッオーブシッっと繰り返すところがあります。分かったら教えて頂きたいです‼︎