Chromeがバッテリー喰いすぎなので乗り換えブラウザを検討していたものの?

いろんな意味でGoogleさん無しでは生きていけない僕です、どうも。

そんな感じなのでブラウザももちろんChromeメイン。

ところがこの頃そのChromeを使っていると不満点が!!

今日はそんなお話です。

デスクトップからノートへ

今まではWindowsのデスクトップ機をメインに使っていました。

常に電源に繋がっていますし、CPUパワーもそれなりに高めなので特に気になっていなかったのですが。

去年の末あたりからはMacBook Proをメイン機として使い始めたんですよね。

こたつに入ってネットサーフィンなんて言う場合に「コード繋ぎっぱなし」とかはウザいことこの上ないのでもちろんバッテリー駆動。

ところが!!!

重い作業や動画閲覧とかしていないのに、ガンガンバッテリーが減っていく!!

1時間も使っていないのに100%→80%くらい減っちゃう感じ。

それだけならまだしも、たまにCPUファンが「フォォォォォォォ!!」とかうなり始める(汗

で・・・・アクティビティモニターで確認してみると「Chrome Helper」とかいうプロセスが150%とか逝っちゃってる・・・・。
(1コアじゃ処理が追いつかなくてもう一個のコアも使っちゃってる状態ですね)

以前はこんなことなかった気gがするんだけど、Chromeのバージョンアップか何かで急にこんな現象が発生している感じなんですよね。

と言うことで!

さらなるChromeのバージョンアップでこの「燃費の悪さ」が解消されるまで、別のブラウザに逃げようかと。

まずはSafariに乗り換えてみた

Macと言うことで、標準搭載のSafariをまず使ってみました。

良い点としては

  • バッテリーもちが異常に良い(先述の使用状況で5%くらいしか減らない)
  • iPhoneとのタブ同期やパスワード同期が楽
  • タッチパッドでの戻る進むアクションが気持ちいい

流石にMac標準装備のブラウザだけあって軽いですし、シンプルです。

気のせいとかではなく「明らかにバッテリーが減らない」のを実感できます、まじで!

悪い点としては

  • タブバーやブックマークにfavicon(アイコン)が表示されないのでわかりにくい。
  • Gmailやはてな、RSSリーダー系のお知らせ拡張が使えないのでいちいち確認しにいくのがめんどくさい
    (各々アプリなどをインストールすればいいんだろうけど、ブラウザだけで完結したいじゃん?ものぐさです)
  • Googleドキュメントのスプレッドシート(表計算)のセル入力時、ダブルクリックしてからでないと入力モードにならない(chrome ではシングルクリックで可)
  • Windows使用時にはSafariは使えない(古いVerしかない)ので同期できない。

ブックマークバーなどは文字よりもアイコンで認識しているので、直感的に選べないのは結構辛い。

Googleスプレッドシートにしても、毎朝収支を入力しているので「シングル→ダブル」と言う手順の増加はかなりのストレスなんですよねぇ。

利点である「iPhoneとのタブ同期」に関しても、そこまで使わない。

「iPhoneで見ていたサイトをそのままMacで開きたい」って場面て意外とないんですよね。iPhoneで開いたらiPhoneで完結しちゃう場合が99%な感じ。

と言うことで総合すると「Safariだと色々不便」と言う結論に。

暫定的に「Vivaldi」を使用へ

と言うことで色々調べていたのですが、結局Vivaldiに落ち着きました。

良い点として

  • ChromeほどはCPU負荷が高くない(Safariよりは高い)
  • Chrome用の拡張が使える
  • β版ではあるが「Vivaldi sync」で端末間で同期可能

こんな感じ。

感覚的には「軽いChrome」くらいのノリで使える感じですね。

もちろんSafariで不満であった「Favicon問題、スプレッドシート問題、Windowsで使えない問題」も全てクリア。

いまいちな点をあげるとすれば

  • iPhoneのSafariと同期できない(まぁChromeでもできないので問題ない)
  • 使い勝手が慣れるまでは独特
  • はてなブログ編集画面で「Ctrl+V」でのURL貼り付けができない(右クリックでの貼り付けや文字列の「Ctrl+V」での貼り付けは可)

こんなところです。

デベロッパーモード(開発者モード)が幾分挙動不審だったりと、まだまだ「発展途上ブラウザ」なことは否めませんが「同期機能」が実装されたことで、かなり使えるブラウザの仲間入りをした感じですね。

でもね〜・・・・。

なんだかんだ言って細かい部分でストレス溜まっちゃうと言うのが本音(笑)
  

広告

chromeのアップデートが待てないのでchrome Betaへ

結局最終的に「今のバージョンのChromeがいまいち」なだけなわけでして。

簡単に考えれば「次のバージョンはイケてるかも」ってことな訳ですよね。

でも「待ってる」だけでは現状の「バッテリー喰いのChrome問題」は解決できません。

と言うことで!!!

未来のChrome使っちゃおう!と言う結論に。

「未来」とか言っても別に特別なことをするわけではなく、「ベータ版」を使おうと言うお話。

多少の安定性などは犠牲になりますが、少なくとも「今のバージョン」ではないChromeが使えます。

数日試してみましたが「謎の暴走」は起きていないので、多少の改善はみられている模様?

ベータ版のダウンロードはこちらから↓

www.google.co.jp

Chrome自体が「燃費の悪いブラウザ」に成り下がってしまったのであればベータを使う意味もありませんが「あるバージョン限定の問題」であればベータ版を使うと言う選択肢が解決策になる場合も多々あります。

数日前まではまともの動いていたブラウザが突然調子悪くなった

そんなパターンに陥った場合は試してみてくださいね♪
(もちろんベータなのでさらに調子悪くなる場合もあるので自己責任でよろしくお願いいたしますw)

コメント