とまじ庵

まったり語る場所

日本語化されていないゲームもこれで安心「Capture2Text」がむっちゃ使える件

ゲーム大好きな管理人のとまじぃです。どうも♪

FFとかDQとかベタな日本のゲームも大好きなのですが、なんだかんだ言って洋ゲーのアクの強さとか新しいチャレンジとかが大好きでついついクソゲー個性の強いゲームを選んでしまうことも多々。

しか~し。

そんなマニアックなゲームをプレイするにあたり超えなければ行けないのが「英語の壁」

英検二級とかの人は問題ないのかもしれませんが、こちとら中2で受かった英検4級が最終学歴なわけでして。

ましてやゲームに出てきそうなファンタジー系やSF系の英語なんかわかるはずない(笑)

きっかけは「Path of Exile」だった

基本洋ゲーが好きと言っても

  • Oblivion
  • Skyrim
  • アサシンクリード
  • シヴィライゼーション系
  • ディアブロ

などなど、普通に日本語でローカライズされてるゲームばかりプレイしていたんですよ。

でもそんなメジャー系ゲームをプレイしていると、どうしても「もっとマニアックをくれ・・・」的な性癖に悩まされ。

気づけば英語力もないのに「日本語化されていないゲーム」とかプレイしちゃったりするんですよね。

しかし私の英語力は中学で止まってるので十数分で「意味がわかんねぇ!!!」ってことで中断。

しかし!!

英語版しか存在しないのだけれど、とにかく面白うそうなゲームを見つけてしまいまして。

store.steampowered.com

これは辞書を引きながらでもプレイしてみたいなぁ・・くらいの勢いだったわけです。

「ゲーム画面を翻訳」できる画期的ツール

しかしこの「Path of Exile」。
とてつもなく奥が深くて、英語力がない私には到底攻略できない(難易度ではなく語学力的に)

といって、Google翻訳で別窓を開いてそこに「手動で打ち込みながら」翻訳するのはかなりの苦行。

あぁ・・・・こんなにおもしろそうなのに・・・・Path of Exileは私には高嶺の花なのか・・・・。

と諦めたのですが・・・。

www.gigafree.net

実は上記のこのソフト。

「文字じゃなくても翻訳できる」んです!!!

なんじゃそりゃ?って思うでしょうし実際の画面を載せておきます。

何をしているかと言うと!

画面上の一部を切り取ってそこから「文字を認識」して「翻訳」してくれるツールなんですねぇ(驚愕

一般的にはWEBページやPDFなどの「文字として扱われているもの」であれば「コピペ→翻訳」で訳すことができるわけです。

しかし、たとえば「写真の中にある文字を訳したい」みたいな場合、その方法は使えないわけです。

しかしこの「capture2text」の場合は

画像だろうと動画だろうと画面上にあるものならなんでも翻訳できるすぐれもの。

要は「切り取ったイメージから文字を抽出して翻訳してくれる」ソフトなんです。

なので

  • 写真に写した雑誌
  • スキャナーで取り込んだ漫画
  • 画像だけで作られたWEBページの文字

なんかでも範囲選択さえしてあげれば「翻訳」する事が可能。

フルスクリーンでプレイしている洋ゲーだったとしても「Win+Q」というショートカットキーでいつでも翻訳できちゃうというすごいやつ。

幾分「範囲選択」にクセがあるんですが、それを差し引いても「英語力のない洋ゲーファン」にしたら神ツールであることは間違いありません。

まとめ

そんな感じでなかばプレイをあきらめていた「Path of Exile」なのですが、このcapture2textのおかげである程度は英文が理解できるので、丸腰で洋ゲーに挑むより100倍くらい捗ってくれてありがたい限りであります。

もちろん「Google翻訳による機械翻訳」ですから過度の期待は禁物。

でも・・・意味のわからない単語が羅列されてるより全然いいと思うんだよねw

詳しい使い方などは下記のページがくわしく書いてらっしゃいますので見てみてください。

www.gigafree.net

そんな感じで、英検4級でも「Path of Exile」がプレイできそうな光明が見えたよ~!! という記事でした♪