BlueToothが使えない中古のThinkPad X240を「300円」でBluetooth対応にした話

先日購入したThinkPad X240(中古)

非常に美品かつ動作もバッテリーの程度も最強。どこをとっても22000円で買えるとは思えないほどの良品だったわけですが。

Bluetoothが動かないんじゃぁ!!

上記の記事でも書いてありますが、BlueToothがまったく認識されていない状態。

専門的な話になっちゃいますが、乗ってるBTのチップが11AC対応の新しいタイプなんで、BIOS的に対応してないとかそっち系な気がする(先代オーナーが載せ替えたのかも)

もしくはBT基盤がイっちゃってる可能性もあるかも。

基盤を交換しようと思ったんだけど

実際のところ、iPadみたいに元々キーボードがないような場合などはBluetoothがないといろいろ不便ですが、ThinkPadの場合は基本的に本体だけで事足りちゃうんでBluetoothがなくても問題ないって言えば問題ないんです。

ただね・・・うちに3個くらいマウスが余ってるんだけども、現時点で使わずに余ってるのがBluetoothのマウスだけなんですね(笑)

USBマウスも何個かあるものの、一般的な3ボタンマウス。

BTのマウスは補助ボタンとかたくさんついてるやつなんで、できればこれを使いたい。

しかし・・・。このThinkPadでBluetoothが使えない原因が基盤の問題なのか、それともThinkPad側の問題なのかが現時点では切り分けができないわけです。

基盤自体は簡単に入手できるのですが、Lenovoが小細工をしているらしく「Lenovo純正」じゃないとBIOSレベルでエラーが出ちゃうとのことで、無印ならば2000円以下で買えるのにLenovo対応だと4000円弱(涙

おまけに、原因が基盤のせいなら交換すればOKなわけですが、本体側の問題だった場合「基盤を交換しても直らない」可能性も大

ってことで300円で手を打った(笑)

余ってるマウス使いたいだけのために博打で4000円の出費はきつい。4000円出すなら別の無線マウスを買ったほうが安い(笑)

もっと安く済ます方法はないか????

はい!ありました♪

USBポートを一個ふさいじゃうのはいやですけれど、基本的にモバイルノートなのでそこまで周辺機器をつなぐこともありませんし、USBマウスを使うにしてもUSBポートを一個使ってしまうのは同じこと。

そして基盤を交換する値段の十分の一の価格ですから、文句は言えません

本体を分解したり、配線をいじったりと言った手間もなく、300円弱で購入して挿すだけでBluetooth対応にできちゃうという手軽さに負けて、ガジェットブロガーとしては失格な、お手軽路線で手を打ってしまいました(笑)

まとめ

私のように「たまたまBluetoothが使えないノートパソコンを買ってしまった」という稀有なパターンに遭遇する方は多くないとは思います。

ただ「たまたまノートで使ってたBluetooth機器が余ってるんだけど、デスクトップで使いたいんだよね~」なんて場合でも300円程度の出費で解決できちゃいますんで、そんな方は使ってみてくださいね。

ちなみに 同じような用途で1000~2000円のものもありますが・・・・。

個人的には300円のモノで全然普通に使えます(実際今使ってます)

Bluetoothが使いたいけど躊躇してる方は使ってみてくださいね~♪

デジモノ
スポンサーリンク
「とまじぃさんち」を購読する
スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

とまじぃさんち

コメント