とまじぃさんち

Without haste, but without rest.

「Apple Pencil&iPad Pro」って「普通の人」には必要ないよね?とApple新製品発表会を見て思う

昨日10/30 23時からAppleの新製品発表会が行われましたね♪

今回の新製品は

  • MacBook Air
  • 新iPad Pro
  • 新Apple Pencil
  • 新Mac mini

の4機種。

ということで今回はその中から「iPad Pro&Apple Pencil」について語っていこうと思います

今回のApple Pencilは旧ProやiPadでは使えません

本題に入る前に注意事項として補足しおきます。

旧モデルのApple Pencilは 無印iPad(4万円くらいで売ってるやつ)でも使えるようになったことで話題になりましたが、今回発表された「新Apple Pencil」に関しては「新iPad Pro」専用となっております。

画像はApple公式よりスクショ

すでに「第2世代以前のiPad Pro」や「無印iPad」でApple Pencilを使っている方が、ペンシルだけ買い替えても使用できませんのでお間違えのないように。 (絶対 買っちゃう人いるだろうなぁ・・・(汗

Apple Pencil 意外に使わない問題

ということで本題。

筆者も実はApple Pencilユーザーでございまして、無印iPadとセットで購入した人です。

販売店へ行った際にiPad Proと無印iPadが並んでいたので、両方で書き味を試させてもらったのですが、私程度の画力であれば「ガラスの厚さ」からくる違和感などは特に感じなかったので、安価に買える無印を選んだ次第。(当時で3万円くらいの価格差がありましたから)

最初のうちは、ペンシル対応のメモアプリとか描画系ソフトなどを片っ端から試しては「うわぁ!!!Apple Pencilすげぇっぇぇ!!!」なんて感動していたのですが。

しばらく使っていると・・・・。

  1. メモは普通に打ち込んだ方が速い・・・というかメモはiPhoneからフリック入力する機会が圧倒的に多いのでiPadでメモする機会がないw
  2. そもそもそこまで絵は描かない。おまけに絵を描く際は圧倒的に「PC+ペンタブレット」の方が、描き味や画面の広さ、そして操作性の点で上。「直接タブレットに描ける」ことが魅力ではあったのだが、画面の硬さやコツコツ感などで「紙に書いている感」は皆無なので、書き味はそこまでよろしいわけではない。

というのが正直なところ。

そんなこんなで、かれこれ一ヶ月半ほどApple Pencilが充電されていないのが我が家の現状なのであります(笑)

一部の人は便利らしいけれど

Apple Pencilを買う前に結構調べたんですが、やはり「出版業界」なんかの人は「完成原稿の赤入れ(修正指示)」などでApple Pencilをフル活用してらっしゃる場合がかなり多いらしい。

ちょっとイケイケな営業さんなんかもツールとして使ってる方もいるかもしれません。

ただねぇ・・・一般的なiPad使用者って言うのは大部分が「コンテンツの消費者」側なんですよね。

電子書籍を読んだり、動画を見たり、ネットを徘徊したり。

そういう作業をするにあたりApple Pencilを使う機会は皆無。

そして・・・世の絵師たちがこぞってiPad Pro+Apple Pencilに乗り換えたかといえばそれもなく。

今回の発表会で「市販のノートPCの80%より高速」と強調されていたものの、動画編集者がiPadで動画を作るかと言われればそれも皆無。

処理能力の高さが売りの「iPad Pro」がその処理能力を活かせるジャンルで使われていないというのが現在の状況なわけですね。

まとめ

ということで今回のiPad Pro。処理能力や色々な面で現行モデルを超えてきたわけですが。

たとえばこれが MacBook Air → MacBook Pro という形であれば、処理能力を求める人達にリーチできるとは思うのですが、もともと処理能力を求められる機材とは言い難いのが現在のiPadの立ち位置なので・・・・。

個人的な感想としては
「大部分の人は無印iPadでApple Pencilなし」で必要にして十分!!

だとは思います。

まぁ・・ガジェット好きとしては「一度は体験しておきたい」ってのが本音なので、ついつい買っちゃう場合が多いんですが(笑)