暇な時間にコツコツプレイ!飽きないスマホゲームを9個選んでみた。

2019年10月10日

すっかり寒くなってきた今日このごろ。
こんな日は布団にくるまってスマホゲーム三昧・・・なんて自堕落な生活しちゃだめだぞ♪

とは言え外に出たくないですしついついスマホに手が伸びちゃう時間も増えてしまいます。

ということで自分的な備忘録も兼ねて過去にそこそこハマってプレイしたゲームアプリをそっと置いておきます(笑)

どれも無料でダラダラプレイするにはもってこいのゲームばかりなので寒い冬の暇つぶし用にご利用くださいませ。

1位 Q

Q.
Q.
開発元:liica,Inc.
無料
posted withアプリーチ

世間で結構流行っている「物理シミュレーション系パズルゲーム」

画面上に提示された「ミッション」をクリアするために、「画面上に何かを書く」ことによってオブジェクトを動かしていく。

下記の例で言えば「ボールの右端に何かを当ててやればOKだけれど、ただの線だと重さが足りないので三角とか丸の方が勢いよく転がる」的な感じで頭を使うことになる。

最初の方は簡単なのだが・・

序盤はその程度に簡単なのだが・・・。

文字が降ってくる前にどうにかしないと・・・

気づけば延々と「あ~でもない こ~でもない」と画面上に線を書きまくり、あっという間に数時間を消費する系。

飽きない・・・というよりは「ハマったらヤバい」アプリですね。

2位 キングスレイド

キングスレイド
 

 

キングスレイド
開発元:Vespa Inc.
無料
posted withアプリーチ
f:id:tomag:20190718071734p:plain

のゲーム画面を見ていただければ分かる通り見た目は「王道RPG」

戦闘はオートでスキルを手動で発動というよくあるやつですね。

ただこのキングスレイドが他のRPGと違うのは・・・・。

キャラガチャがない!!

世間でよく聞く話で「レアキャラをゲットするためにリアルマネーを大量投入したものの、確率が低すぎていくら金をつかっても目的のキャラを入手できない」っていうアレがないって事ですね。

さすがに市販のRPGの様に「ストーリーが進めば勝手にレアキャラが仲間になっていく」なんていうイージーな仕様ではありませんが、ゲーム内でも大量にゲットできる「ルビー」を集めてレアキャラをゲットする仕様。

普通のRPGやりたいけど運任せのガチャとか嫌いなんだよなぁ!!って人は一度試してみてくださいまし♪

3位 Give it up! Bouncy

Give it up! Bouncy
 

 

Give it up! Bouncy
開発元:雷霆游戏
無料
posted withアプリーチ

謎の黒い生物「墨ちゃん」

常にリズムに乗ってジャンプし続けている「墨ちゃん」を左右に誘導して、ステージの条件をクリアしていくゲーム。
操作はいたって簡単で「画面左右を長押し」することで墨ちゃんを左右に誘導するだけ。

youtu.be

簡単そうに見えて「何度やっても引っかかってしまうトゲトゲ」とか「設定されている制限時間が結構ギリギリ」とか、絶妙な難易度になっていて延々遊び続けてしまうスルメゲー。

何度も失敗して、ようやくステージをクリアしあとはゴールのみ!って瞬間にゴールへの距離感を見誤って奈落の底へ・・・・なんて時は ウギギギギギギギ!!!ってなって、やめ時を完全に見失う危険なゲームです(笑)

4位 ブラウンダスト

ブラウンダスト
 

 

ブラウンダスト
開発元:NEOWIZ
無料
posted withアプリーチ

戦闘が一風変わっていて新鮮!!

一般的なスマホゲームの場合オートバトルを眺めながら適当にスキルボタンみたいな、特に頭を使わなくても良いものが多いわけですが・・・。

このこのブラウンダストの場合は行動順やスキルの相性を考慮して味方ユニットをマス目に配置までが、プレイヤーのできること。

あとは勝手に戦闘が進むので「読みと采配」で勝負の行方が決まってしまいます。

なので何も考えずプレイなんてしたら、あっという間に敗北なんてことも。

読みが楽しみたい方におすすめです。

5位 勇者ああああの不思議なダンジョン

勇者ああああの不思議なダンジョン
 

 

勇者ああああの不思議なダンジョン
開発元:Takanori Tomita
無料
posted withアプリーチ

トルネコやシレン系。というよりはローグライクと言ったほうがわかりやすいでしょうか?

f:id:tomag:20190607073213j:plain

グラフィックなどはスーパーファミコンレベルですが、奥の深さややばいハマり度はローグライクならでは。

他にも同じようなゲームは多々ありますがローグらしからね課金要素があったりで「すでにローグじゃないやろ?」ってのが多いわけですが、この「勇者あああの不思議なダンジョン」はいい意味で「まんまローグライク」が楽しめます。

www.youtube.com

課金要素は「アイテムを持ったまま生還 ¥250」みたいな感じでどうしてもこのアイテムはなくしたくない時などのズルができる。つまり「金に物を言わせるw」が可能なわけですが、ローグライクをプレイするようなどM系ゲーマーはそういうのを求めてないと思いますので事実上無課金でプレイが可能です。

f:id:tomag:20190607073243j:plain

通勤時間やちょっとした待ち時間などにちょっとづつ攻略していくには最適なアプリです。

6位 ドラゴンネストM

ドラゴンネストM 協力バトル・オンラインRPG
 

 

ドラゴンネストM 協力バトル・オンラインRPG
開発元:Eyedentity Games Japan, Inc.
無料
posted withアプリーチ

今どきのスマホゲームにしては稀な
課金よりプレイヤースキルがものを言うゲーム

PCゲームからの移植という事もあり「プレイヤーが手動で操作する比重」が高いので、いくら重課金したところで「プレイヤーが下手くそ」だと全然進めないという・・・。

っていうかゲームって元来そういうものだと思うのですが他のスマホゲームが課金偏重主義なだけでドラゴンネストがちゃんとしたゲームってだけなんですが(笑)

似た感じの操作性のゲームって言われるとなかなか例えがむずかしいんですが、強いて言うなら「ゼルダの伝説」っぽいノリかなぁ?

  • グラフィック綺麗
  • ストーリーも良い
  • 操作感が楽しい
  • 操作が忙しくて退屈する暇がない
  • 課金ブーストよりもプレイヤースキルが大事

といった感じで「往年の携帯ゲーム機のアクションゲーム」っぽさ全開で時間を忘れてプレイできます。

ゲームはプレイヤーの技量ありきと思う方におすすめです。

7位 魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
 

 

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
開発元:Cybergate technology Ltd.
無料
posted withアプリーチ

魔王「世界の半分…あげますから、い、命だけは勘弁してください!」

そう言っていたのにあいつバックレやがった…!

勇者に命乞いをするために「世界の半分をあげる」と言ってしまった魔王。

しかし待てど暮らせど音沙汰のない魔王にしびれを切らした勇者が 「魔王城に凸る」ストーリー。

各階の階段から自動で出現し戦ってくれる「仲間」。

各階の戦況を把握しながら「戦力比的にやばそうな階」へ、臨機応変に勇者を投入して助太刀させる。

その繰り返しで最小の犠牲で魔王のいる最上階をめざすシステム。

単純ながら奥の深いシステムで気づけは延々プレイしてしまうスルメゲー。

基本的に「魔王&勇者」シリーズはハズレがないのでオススメです♪

8位 ラストクラウディア

ラストクラウディア
 

 

ラストクラウディア
開発元:株式会社アイディス
無料
posted withアプリーチ
  • 懐かしくてかわいいドット絵
  • 幻想的な歌と音楽
  • キャラが動きまくるド派手バトル

といった感じで 細かい部分で「飽きずに楽しめる」部分が多く、作業ゲー臭さを感じさせない仕上がりになっています。

f:id:tomag:20190905195844p:plain

やりこみ要素や隠し要素もふんだんに散りばめられていて、まるで往年の据え置き機のゲームをやっているかのような感覚に陥ります。

テイルズや幻想水滸伝、FF6など。あのあたりの名作にハマった人にも自信を持っておすすめできる「王道RPG」です。

なんだかんだ言ってRPGはストーリーとグラフィックと音楽でしょ?派の人に特におすすめです

9位 TRIGLAV トリグラフ

TRIGLAV トリグラフ
 

 

TRIGLAV トリグラフ
開発元:Sin Nakano
無料
posted withアプリーチ

ディアブロ系ハクスラゲームを簡単操作でプレイできるのが「トリグラフ」

特徴ある3つのクラスから選択してゲームを始めます。

www.youtube.com

f:id:tomag:20190608072353j:plain

フロア表示は固定クォータービュー。タップで移動&戦闘は自動なので、プレイヤーが行うのは「戦略を考えた移動」と「装備の着脱」や「宝箱の開閉」など

f:id:tomag:20190608072406j:plain

ただ闇雲に進むだけでは、フロアに設置された数々の罠の餌食になってしまいます。敵との間合いをはかりつつギミックを回避しつつ。
操作は移動だけだなんて なめてかかると痛い目に会います(笑)

f:id:tomag:20190608072721j:plain

キャラの成長や装備などで細かく変化するパラメーター。敵を見極めてよりマッチした装備に切り替える臨機応変さも必要です。

f:id:tomag:20190608073019j:plain

冒険中の宝箱やゲーム内ショップで入手できる武器や防具、アイテムもバリエーション豊か。
ちなみに「パペット」を持っていないと、死んでしまった場合そこでゲームオーバーなので、常に所持しておきましょう。

課金要素に関しては

  • キャラクタースロットの拡張
  • 倉庫スロットの拡張
  • 死んでしまったキャラクターの復活(ゲームオーバー時のコンティニューに該当)

となっています。

1キャラクターのみで、パペットなしで死んだらゲームオーバー。

そんなローグライク並みのヒリヒリした緊張感でプレイするのであれば、まったく無課金でプレイできます。
(レアなアイテムたくさん持った状態で死んじゃったりすると、有料でも復活させたい衝動に何度も駆られましたがw)

元々ブラウザゲームだった時代はこの「有料オプション」がなかったにもかかわらず、数多くのファンを獲得していたゲームですので、課金に関する心配はしなくて大丈夫そうです。

操作は簡単 でも奥は深い。という スマホゲームとしては理想的なアプリですので 是非一度お試しあれ♪

まとめ

9個じゃ足りないとお嘆きの方へ・・・・。

だって・・・なかなかおもしろいゲームに出会えないんだもん、しょうがないじゃないっすか。

まぁ色々プレイしていくうちにおもしろいアプリに出会えたら随時追記していきますので気長にお待ちくださいませ。

そして「こんな隠れた名作あるんだぜ~」なんて情報をお持ちの方はコメント欄ででも教えていただければ幸いです。

良いゲームライフを♪

ゲーム

Posted by tomag