読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

zenpad10&Zstylus速攻レビュー!!

Asus-Zenpad

 

無事に一週間働ききって、今週も生きて週末を迎えることができた僕です♪

ということで週始めに届いたもののなかなかいじってやることができなかったzenpad10(z300c)をガッツリ・・でもないですがかる~くいじってみた感想です。

ちなみに同じ10インチzenpadでz300CLというSIMカードが使えるタイプがありますが、あいつはCPUもカメラ画質もちょいと上の仕様になっている機種なので、当機種の感想はそのまま当てはまららないと思いますのでご了承ください。

 

 

 率直な使用感

HD画質な割にはちょっとモッサリしてるかなという印象はあります。
普段ハイスペPCでテキパキと業務をこなすようなキレキレのビジネスマンが使うには幾分呑気な雰囲気の機種です(笑)
特に購入直後はアプデの関係で裏でタスク動きまくってるんで、窓から投げてやろうかってくらい反応がにぶいです。一晩寝かせておけば落ち着くので短気を起こしてハードオフ行きにしたりしないよう気をつけましょう。

 

 

 大きさ

f:id:tomag:20151218233039j:plain

我が家の端末を重ねてみました。
後ろからZenPad(10.1インチ)
Nexus7-2013(7インチ)
P8lite(5インチ)
ケーズデンキでZENPAD10を見た時はあまりでかい印象なかったんですが、実際家で使ってみると、かなりでかいです。
まな板的にいったらワラサはさばけないけどイナダぐらいなら行けそうなくらいのでかさです(わかりにくいw
はっきりいって家用です。持ち歩くなら間違いなくNexus7。

Zstylus

f:id:tomag:20151218233029j:plain

電池入ってるしある程度の太さ&重さは覚悟してました!
実際手にとって見たら、下手な太めのシャープペンシルより全然細いですし、重さも気になりません。

f:id:tomag:20151219004347j:plain

手前がWACOMのBambooのペン。奥がZstylus。
電池レスのBambooペンのほうが太さも長さも上です。


一部でペン先とカーソルがずれる的な話も見たのですが「分析的にペン先とカーソル位置を凝視する」ような使い方ならさすがにずれていますが「本能的に描く」にあたっては「ずれてる感」は特に感じませんね。
筆圧もintuosほどではありませんが良好。むしろ画面とペンがダイレクトにリンクしてるので「描いてる感」はintuosより上ではないかな?

描いてもらった

f:id:tomag:20151218233403j:plain

わたくしははいだしょうこお姉さんなみに画力がありませんので、女子高生の娘に適当にかいて~とお願いしたのがこちら。
娘曰く「どうしても細部の使用感とかはPCでの作業の方が効率いいんだけど【ダイレクトに描いてる】感、つまりペンと線が視界で一致してる感はかなりいいので、タブレットでラフ~下書き~ペン入れくらいまでやっておいて、PCで彩色とかがいいんじゃないかな~?」的な事を言っておりました。

 まとめ

画力はないのですが、液晶タブレットってすごく憧れてたのです。
でも買おうと思っても


10万円ほど出費しないといけないのであきらめていたわけです。

今回zenpad10が22000円。zenstylusが4200円。合わせて26000円ちょいで液タブもどき環境が揃えられたのでかなり満足です。

iPad Pro+Apple Pencilという最強の組み合わせもありますが、それも13万以上の価格帯ですし(笑)

いいんですよ「それっぽい環境」で満足しちゃうんです俺(笑)

そんな感じでこの週末は電子お絵かき三昧の予定です♪