読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

zenfone2 laserのスピーカー音量が小さい時に試すべき事

スマホ-Asus スマホ

我が家にて私とかみさんで、ふたりとも愛用しているZenfone2 Laser。

www.toma-g.net

非常にコストパフォーマンスの良い機種で、不便もなく使っていたのですが

かみさんの機体は全然問題なのに、私の機体だけ
日に日に音が小さくなっていく
という謎の症状に・・・。

裏蓋を開けてスピーカー部分を見てみると、なにやら表面のカバーというか振動板的なものなのかな? これが内側に凹んじゃってる状態。

f:id:tomag:20160521133937p:plain

私の職業が鉄鋼関係で、結構鉄分の多い空気が蔓延してる職場なんですね(笑)

どうやら、「振動板に鉄分が付着して、スピーカーの磁石に引っ張られたままの状態になり、音が極小になっている」みたいなノリ(いや知らんけどw)

しょうがねぇ修理でも出すか~って、修理費用調べてみたら・・・。

zenfone2 laserの兄貴分にあたるzenfone5の修理事例の記事を発見。

おかえりZenFone5。その修理代は… | さいとうサポート

どうやら部品代の他に「開けるだけで【修理代として5000円】」かかるらしい(汗

他にも色々調べてみたけど、どうやら1万円以下で済んだって人はあまりいない様子・・。

「音鳴らなくてもあんまり困らないしまぁいいかぁ?」なんて一瞬思ったんですけれど、たまにyoutubeとかも見るしなぁ・・・。

うーん!!

よし自分で修理しよう(安易

部品取り寄せ

まずは部品の調達から。

だいたい「zenfoneで音が小さい」系のネタを探しても「andoroidの設定がどうのこうの」的なサイトばかりがヒットしてくるばかりなのですが、検索結果を7~8ページ見て行ったら、部品を発見しました。

moumantai.biz

お値段なんと!たったの972円!!

「これで上手く修理出来たら9000円くらい節約だわ~♪」
って事で、おととい注文した部品が今日到着したわけです

修理開始

部品自体は非常に小さい&軽い部品。
クロネコヤマトのポスト便?ってやつで納品されて、ポストに無造作に投函されておりました(笑)

中に入ってるのは小袋に入ったこの部品。
f:id:tomag:20160521134152j:plain

幸いなことにコネクタの類は一切なく、基盤の上に載せるだけで接点が接触する部品なんですね。
修理は楽な方がいいですから、これはポイント高いですよASUSさん!!
f:id:tomag:20160521134347j:plain

そしていつものように、私がなにか集中し始めると、我が家の愛犬はすねて寝てしまいます(笑)
f:id:tomag:20160521134450j:plain

まずは裏蓋を外します。これって結構Zenfone2ユーザーの方は苦労してるみたいですけど、下部のUSB端子のところをこじ開けて、開いた隙間に爪を差し込んで一周すれば一発で開きます。 慣れれば数秒でいけますよ♪
f:id:tomag:20160521134521j:plain

無事に裏蓋もはずれました。
SIMカードやSDカードを挿入するためには裏蓋を外さないといけないので、ここまでの工程はZenfoneユーザーならみんなが通る道。
まだ分解と言える段階ではありません(笑) f:id:tomag:20160521134724j:plain



iPhoneなどと違って、使われているネジはごく普通のものなので、一般的な精密ドライバーでOKです。
100円ショップあたりにあるモノでも全然いけますけれど、ネジ頭を舐めちゃうと復旧困難ですので、できれば精度の良い精密ドライバーの使用をおすすめします。 f:id:tomag:20160521135035j:plain

いよいよ分解作業

大量の極小ネジで固定されています。
根性で全部ハズしましょう。
かなり小さいネジなので、無くしたりしないようご注意を。
f:id:tomag:20160521135802p:plain



無事に全部のネジを外し終わった図。
f:id:tomag:20160521135938j:plain



次に爪的なアレが5箇所ありますので、精密マイナスドライバー等を使って一個一個丁寧にはずしていきます。
無理し過ぎると筐体自体に亀裂がはいっちゃったりしまのすので、慎重に。
たぶん今回の作業で一番根気が必要なのはこの工程です。
慎重に・・・慎重に・・・。 f:id:tomag:20160521140215p:plain

はい!無事に「Zenfone2 Laserの三枚おろし」の完成です(笑) f:id:tomag:20160521140517j:plain

前述したとおり「スピーカーは乗っかってるだけ」なので、工具など一切使わずに着脱可能です。
基板上に出っ張ってる端子とスピーカー裏の接点が載せるだけで接触する仕組み。
壊れることを想定して交換しやすくしてあるんでしょうかね? f:id:tomag:20160521140655j:plain

並べてみましょう

右が新品。左が故障品。 写真ではわかりにくいですが、故障品の方は表面が凹んじゃってますねぇ。
おまけになんか鉄粉みたいなの食い込んでるし(汗 f:id:tomag:20160521140938j:plain

別角度からもう一枚。
下段の故障品には張りがありません f:id:tomag:20160521141125j:plain

復旧します

外した時と同様に載せるだけ! f:id:tomag:20160521141508p:plain

あとは背面パネルを装着するだけです f:id:tomag:20160521141551j:plain

動作テスト

ネジ全部固定しちゃってから「やっぱりだめでした」ってなるとショックがでかいので、背面パネルを装着しただけの状態で、動作チェックをします。

f:id:tomag:20160521141655j:plain

さあ……苦労の末分解した結果、スピーカーは復活したのでしょうか?





音うるせぇぇぇ(歓喜)



このスマホってこんなにでかい音でるのか?ってくらい大音量で鳴りました(笑)

なんだろう?もしかしたら買った時点で「音が小さめの機体」だったのかなぁ?

それとも「日に日に小さくなる音に慣らされて、余計大きく聞こえてる」だけなのかなぁ?

まとめ

そんな感じで無事に修理完了して、「まともな音量で鳴るスマホ」として復活いたしました。

部品は「送料無料」だったのでかかった費用は972円のみ。

修理に出したら1万以上かかっちゃいますから、かなりお得に復活できたと自負しております(笑)

さて・・今までの修理前のノリで最大音量がデフォになってると、ムフフな動画とか見た時に大音量過ぎてパニクりそうなので、気をつけないと(ォィ

以上、修理現場からとまじぃがお送りしました~!!

ではまた♪

補足

二度目ですが
分解は自己責任