読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

「安い単価の広告はブロック」それって逆に損してませんか?

インターネット インターネット-GoogleAdsense

ブログを始めてから初めての夏。

クリック単価が原因不明の大暴落!! - とまじぃさんち

数日前にこんな記事を書いたところ、関係各所でマジ単価安い!!という声が多く聞かれております。

今日はそんな単価広告ブロックに関するお話。

単価が安いならブロックすればいいじゃない?

広告関係の記事を検索していると頻繁に目にするお話。

「低単価 ブロック adsense」
このキーワードに関しては星の数ほどのブログが記事にしております。

低単価 ブロック adsense - Googleの検索結果

その手の記事で言われてる事を要約いたしますと

単価の安い広告ばかり表示される?
なら、単価の安い広告。例えばAmazonとか楽天とかをブロックしてしまえば、単価の高い広告しか表示されなくなるからブロックしちゃいましょう。 それだけで2割は収益あがりますよ♪

という内容がほとんど。

たしかにそう言われればそんな気がしないでもないわけですが・・・。

なぜ安い広告が表示されるのか?

Google Adsenseは掲載される広告を適当に選んで掲載してるわけではありません。
基本的には入札制(オークション制)なので その記事に対して最も高値で入札された広告が表示されてるわけなのです。

つまり

「単価が安い広告が表示されていたとしても、それはその記事に入札された広告の中では最高値の広告である」ってことになるわけです。

「単価の安いAmazonや楽天をブロックしたらもっと高い広告が表示される」

いえいえ。そんなことしたらさらに安い広告が表示されるだけですよ??

実際のデータを見てみましょう

当ブログのとある期間のデータを見てみましょう。
(adsenseのスクショを載せてしまうと規約違反なので、自前の表ですがお許しを)

Google Adsenseにはターゲット別に、大きく分けて二種類の広告があります。

  • パーソナライズ広告:ユーザーの興味、関心、属性(「スポーツファン」など)や、その他の情報に合わせた広告
  • コンテンツ広告:記事内容の沿って自動で配信される広告。

パーソナライズ広告の代表的なのは楽天やAmazonなどでよく表示される「過去に検索された商品が表示された広告」。通称リターゲティング広告なんて呼ばれていますね

では、それぞれの表示回数とクリック単価を見てみましょう。
(AdSense左メニューの詳細レポートターゲットのタイプで確認可能です)

ターゲット タイプ 表示回数 クリック単価(円)
パーソナライズ 9718 12
コンテンツ 6808 21

パーソナライズ広告の表示率がコンテンツ広告の1.5倍程度なのに対し単価は約半分でしかありません

普通に考えれば
単価12円のパーソナライズ広告をブロックしてしまえば、21円の広告だけになるので収益二倍!!って思っちゃいますよね(笑)

実際はどうなのか?

実は前項の表はあえて項目数を減らしています。

実際の表はこちら!!

ターゲット タイプ 表示回数 クリック数 クリック率 クリック単価 1000回表示換算の収益 実際の収益
パーソナライズ 9728 53 0.54% 12 63 614
コンテンツ 6812 13 0.19% 21 39 267
  • クリック数=4倍
  • クリック率=3倍弱
  • 1000回換算の収益=約2倍
  • 実際の収益=2倍強

結論としましては
単価が安い広告はクリック率も高いので、逆に儲かりやすい。と言う事なのです。

クリックされやすい広告→単価が高ければ広告主の出費がかさむわけですから、敷居の低い広告は低単価でもしょうがないということですね。

結果的にはクリック率とクリック単価は密接な関係(大人の理由も含めて)があるのでクリック率が高くて単価も高い様な都合の良い広告はなかなかありません。

上記の表をみてわかるとおり、もし単価の安いパーソナライズ広告をブロックした場合、PVが同じであれば収益は半分以下に落ち込むという計算になるわけですね。

Cookie上書き問題

Amazon楽天関係をブロックするもう一つの理由。

AdSenseがAmazon(または楽天)のCookieを上書きしてしまうために、クリック後一日以内(楽天は一ヶ月)に商品が購入されてもGoogleの利益になってしまう

これもまことしやかに囁かれています。

でもよく考えてみましょう。

  • 自ブロクで踏まれなくても他ブログでAmazonリンクが踏まれたらCookieは消えます。
  • Amazonは売れなければ収益になりませんがAdSenseのAmazonは踏まれれば収益になります。
  • Amazonの商品リンクを踏んだ人がわざわざ自ブロクに戻ってきて、さらにadsenseのAmazonリンクを踏む確率は?

これらの項目を考えれば
まれに発生するかもしれない損失のために高頻度で発生するささやかな収益を捨てているということになりますよね?

  • Amazonでの収益が主軸でadsenseはおまけである。
  • Amazonで高価な製品が毎日売れるので機会は減らしたくない。
  • 単純にAmazonのadsenseがキライ。

という様な方でなければ、Amazon(楽天)ブロックはプラスの方向には働かないと考えて良いと思います。

まとめ

なんだかんだ言って、Googleさん自体も私達の広告収入をピンはねして利益を得ているわけなので、私達が儲からないと結果的にGoogleさんも儲からないということになります。

基本的にはGoogleさん的にも結果的に儲かる選択肢で動いていますので、私達側の短絡的な思い込みで色々いじるよりも、Googleさん任せが一番効果的なのでは?と思っている今日このごろです。