読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

【たまご型って音どうなん?】olasonic TW-S7【アクティブスピーカーレビュー】

アクティブスピーカー アクティブスピーカー-olasonic

TW-S7とは?



Olasonic USBパワードスピーカー (ノーブルブラック) TW-S5B
Olasonic USBパワードスピーカー (ノーブルブラック) TW-S5B東和電子 2012-11-01
売り上げランキング : 5456Amazonで詳しく見る by G-Tools
型番TW-S7(W)
カラーブリリアントホワイト
最大瞬間出力10W+10W(ダイナミックパワー)
アンプ方式スーパーチャージド・ドライブシステム
周波数特性60Hz~20000Hz
スピーカー・ユニットφ60mmコーン型フルレンジ
センター音響デフューザー付
スピーカー・マグネットφ55mm強力フェライトマグネット
パッシブラジエータφ60mm発泡ウレタン
定格消費電力2.5W
電源USBバスパワー
オーディオ入力USBポート
接続環境Mac OS 9.1・OSX 10.1 以降
Windows XP・Vista・7
外形寸法108mm x 108mm x 141mm
重量950g
価格オープンプライス
保証期間1年
付属品スピーカー インシュレータ2個
ケーブル長スピーカーからUSBコネクタまで: 約1.2m
左右スピーカー間: 約1.2m


Olasonic TW-S7:USBパワードスピーカー:Olasonicより引用



使い勝手など


長所



  • 配線が楽。USBを刺すだけで完了。電源もいらない!!

短所



  • 本体でボリューム操作ができないので、すべてコンピューター側での音量調節になる。つまり・・爆音で鳴り出したとしても、PCがフリーズしかかっていたりすると、音量調節不可能(笑) USBぶっこ抜くしか手はありません

  • 音量の微調整がしにくい。 windowsの場合 0~100の100段階で音量調整ができるんですが、このTW-S7を普段使ううるさくない程度の音量に調整しようとすると 10%くらいで十分だったりします。あとは音源のボリュームによって微調整なのですが、10%の間だと10段階でしか調整できないので微妙な調整がしづらい。

  • 上記の解決策として windowsでは「アプリケーションごとの音量調整」があるので、各アプリケーションの音量を10%程度に抑えておけば、その10%の間を windowsのメインボリュームをいじることによって100段階の調整ができることになる。
    これで万事解決!!! といいたいところなのだが・・・。
    「ちょっと新しい動画プレイヤー導入してみたんだ~♪」的な場合。アプリケーションごとの設定は100%のまま、windowsのボリュームも90% なんてことになると・・・・。
    いきなり 大爆音で鳴り出して焦りまくり!! ってな事になるのでご注意を(笑)

音質など


「無駄な定在波を抑えたたまご型フォルム」、「大きさからは想像できない迫力の低音を生み出すパッシプラジエーター」、「USB給電でも大音量を発するなんたらかんたら」、「高域の照準を ビビッとなんたらな デフューザー」
とにかく新技術とか 斬新なアイデアとかが盛りだくさん。
接続もお手軽だし 接地面積もせまいし。 ガジェット的にも 珍しい感じのフォルムなので 所有欲も満たせるし!
そういう意味では買いなのかなぁと?

でね・・ほら。 上にもAmazonの広告貼ってあるんで 褒めちぎりたいのは山々なんすけどぉ・・。
いや・・ほら・・・提灯記事書けば売れるのもわかってるんですけどぉ・・・・。

売るために嘘はつけないっんですよね(笑)

あくまでも正直な感想を綴った上で それを見ても買いたい人がいたら 買ってねっていうスタンス。

小型フルレンジだけあって 定位感とか解像度はなかなかなもの。鳴ってる楽器の位置とかもキッチリわかる鳴り方するし、各楽器の音が団子になることもありません。
ただねぇ・・低域が軽いんだよね。出てないわけじゃないんだけど なんか軽い。たとえば 他のスピーカーで 「ドスッ!」って鳴ってるバスドラが「ボフッ!!」って感じだし。なんだろ?こう・・中身が詰まってない低音?みたいなそんな印象。

あとは 良く言えば分離感なんだけど 逆に一体感が一切ない。 色んな音がバラバラに聞こえすぎちゃって聞き疲れするってのはある。
実際ライブ会場で音楽聞いたとして、場内の反響とかもあって そんなバラバラに音が聞こえるとかないじゃないですか。

結論としては
「技術で武装した感」に走りすぎて 肝心の聞きやすさとか 製品のコンセプトとしての一体感が蔑ろになってるって感じですかねぇ。

総括


実はわたくし こいつを二回ほど購入しているんですよ(笑)
しばらく使ってて上記みたいな感想を抱いて、別のスピーカーをしばらく使ってたんだけども。
もしかしたら TW-S7っていい音なんじゃなかったっけ?って魔が差して・・・。
もう一回買ったものの 「あ・・やっぱ前の感想のままだわww」ってなってまた手放したと。

このスピーカーをお勧めする層は

  • なんとなく新しもの好き

  • 内容よりコンセプトとか新技術に惹かれる人

  • 配線とか一本で済ませたいんすけど?

  • たまごLOVE!!

な感じの人たちですかねw

俺は・・・さすがに 3度目買う気はないかなぁ(汗)


Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(W)

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(W)


ってことでぇ・・・良いスピーカーなのでお買い求めの際には上記のAmazonリンクから是非(オイ

こんな記事も書いてます

www.toma-g.net