とまじぃさんち

ガジェットのちゲームところにより自転車

ブログのSSL化(https化)は「別サイト」くらいの覚悟で挑もうね!

はい!そんな感じで、WordPressに移行した上に、調子をぶっこいてSSL化までやっちゃった向こう見ずなとまじぃですw

おかげさまでアクセス激減とかそう言う系のトラップには引っかかることもなく無事にアクセス数は引き継いでる感はあるものの、その裏には「移行に関しての色々なタイミング」が関係しているっぽく。

そこらへんの「肌感」で感じた部分を記事にしていこうと思います。

なお、あくまでも「感じた」部分なので、実際のGoogleさんのアルゴリズムと合致してる保証は一切ありませんので、あくまでも「個人の感想」としてぬるく読んでいただければ幸いです。

httpからhttpsへのGoogleインデックスの移行

SSL化に伴って「リダイレクト」という設定を行います。

要は旧httpにアクセスされた場合に、新URLのhttpsに飛ばす処理ですね。 (はてなでこれがどういう風に実装されるかは未だに不明ですが)

そんな感じなので当面の間は旧httpでも新httpsでも、どっちにアクセスがあっても問題なくアクセスがあると安心しがち。

ただここにも「アクセス減」の落とし穴はあったりします。

各URLのインデックス状態

では現在の「とまじぃさんち」のインデックス状態を見ていきましょう。

参照データはGoogleのサーチコンソール。

まずは旧httpのインデックス状態。

f:id:tomag:20171104211052p:plain

Sitemapで送信されてる497件中306しかインデックスされていませんが、元々この程度の割合しかインデックスされていなかったので、実際のところは「まだhttpでインデックスされていた記事はたいして削除されていない」状態ということになります。

続いて、新httpsのインデックス状態

f:id:tomag:20171104215358p:plain

WordPressとはてなではサイト構造もちがいますし、全部の記事を移行したわけではないので、総数235件中現在92件インデックスされている状況。

これがどういう状態かというと

  • httpにインデックスされている300件にアクセスが来たら、リダイレクトされてhttpsへ転送
  • httpsへのアクセスは現状92件

ってことになります。

幸いなことに当ブログの場合は「旧URLが削除される前に新URLがインデックスされ始めている」ので、無事にアクセス数が維持できているわけですが・・・・。

ここらへんのさじ加減はGoogleさんのご機嫌次第なので、サイトによっては「新URLがインデックスされる前に旧URLが削除されてしまう」なんて事態にも陥るわけです。

世間の「SSL化」系の体験談の記事を結構読みに行ってるのですが、アクセス維持してる人もいれば、急落してる人もいて、本当に人それぞれな状態。

ここらへんは、そんなGoogleさんのご機嫌が多分に影響しているんだとおもいます。

リダイレクトの罠

旧URLから新URLに移行する際に行わるのが301リダイレクトという処理。

要は「このURLはここじゃなくて違うURLになったから、そっちに転送するね♪」という便利な機能なんですな。

もちろんこれは、人間がアクセスされた時ではなくて、検索エンジンのクローラーが来た場合でも適用されるので、Googleのbotが訪問してきた場合にも適用されます。

この場合、Googleのクロウラーさんが

  • 旧URLにアクセスしてみた
  • なんや?移動したんかいな?
  • ほいほい!移転先把握。ほな、検索順位とかそのまま転載しとくでぇ

って感じで行ってくれればいいんですが・・・・。

どうやら肌感的には

  • 旧URLにアクセスしてみた
  • なんや移動したんかいな?
  • 了解!ほな、新サイトとして新たに順位とか計算してインデックスしなおしとくわ。移転だから古い方は消す方向でいきますのでヨロ!

くらいのノリな感じなんですよね。

ネット上でまったく同じ内容の記事を書いたとしても、ドメインパワーであったり、インデックスされるタイミングであったり、被リンクの数であったりで、検索順位に雲泥の差が出ちゃうなんてぇのは日常茶飯事。

旧URLの順位を決定づけていた要因が新URLがインデックスされる「現在」においいて、おなじ要求を満たす保証はないんですよね、悲しいことに。

これがたまたま、当時と変わらないだけのファクターを満たしていれば、同じ順位に返り咲くことも可能なのですが。

結局はGoogleというブラックボックスのさじ加減次第なので「全くおなじ順位にインデックスされる保証は一切ない」というのが実際のところなんだろうと思います。

うちのWordPressの場合

インデックス状況や実際検索をしてみると、https移行後の記事が徐々にインデックスされていて、特にアクセスのあった記事は結構な割合でインデックスされている現在。

ただWordPressへの移行やhttpsへの移行で再インデックスされている影響なのか、アクセス傾向が著しく変わってきています。

はてな&http時代はどっちかって言うと「一部集中型」。
つまり、上位10件くらいの記事でほとんどのアクセスを担っていて、他の記事はほんの数%みたいなノリだったんですね。

ところがWordPress&https化後。 一部の記事に集中していたアクセスが半減。
その代わりに、いままで一桁アクセスだった記事が二桁アクセスに上がってきているという状況。

結果的には総アクセス的にははてな&http時代より2〜3割程度アクセス増な感じのノリだったりします。

まとめ

移転とSSL化をほぼ同時に行っているので、本家ブログ(Wordpress)で起こっていることが、はたしてどっちの原因で起こっていることなのかわかりません。

ただ、インデックス状態が一気に変わっているので、おそらくSSL化によって「新しいサイトが新たにインデックスされている」状態に近い処理がされている感じをヒシヒシ感じます。

あ!そうそう!

そんな感じで、新URLで記事の再インデックス処理がされている真っ最中なので、新記事書いても全然インデックスされないのよ(笑)

今までの感じだと「サイト名 記事のキーワード」みたいな、当ブログしか引っかからないようなキーワードで検索すれば、最悪でも3時間程度でインデックスされていたのですが、昨日や一昨日に書いた記事がいまだにインデックスされてませんからね(涙

たぶん、新URLで再インデックスの順番待ちが100件以上待っている状態なので、「新記事とかまだまだ順番後回しだから、おとなしく待っとれや!」って状態なんでしょうねw

ってことで、いろんな意味でアクセスやインデックス状態が落ち着くまでは、あたらしい動きをしても無駄に終わりそうなので、数日間はおとなしく見守ろうと思います。

はてなさんがどういう形でSSL化に対応してくるのか、現時点では不明ですが、はてなの思惑通りにGoogleのアルゴリズムが動くわけではないので

SSL化は新サイトを始めたくらいの覚悟で行ったほうが良いくらいの覚悟で行ったほうが精神衛生上よろしいかと思います(脅し

まぁ、世間の大部分のサイトが「しばらく我慢してたら復活した」って場合がほとんどなので、過度な心配はいらないとは思いますが。

中には「半減のまま戻らなくなった」なんて方もいらっしゃいますので、覚悟だけはしといた方がいいよw

iwaimotors.com