読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

【GoogleAdsense的に】儲からないブログにありがちな特徴10選!!

インターネット インターネット-GoogleAdsense

この世の中にはがんばってるはずなのに全然儲からないブログというものが存在します!!
そんなブログに見られる特徴10選をお送りします。
(主にGooleAdsense視点で)

記事内に名詞が少ない

基本的に動詞で構成されている文章。名詞が出てきたとしても、ありふれた一般名詞であったり、友達の名前であったり。
こういう記事が多いと「GoogleAdsense」が記事にマッチした広告を出しにくくなります。
逆に、商品名であったり、特定のジャンル名であったりの名詞が多用されていれば、それだけマッチする広告も出やすいと言うもの。

文中の名詞の使い方にはこだわりましょう

文体がくだけすぎている

いわゆる「ですます調」で丁寧に書かれている場合は問題無いですが「つって~」とか「ほんだば~」とか書いているとGoogleさんが文章の構造を理解できない可能性が出てきます。
文章として理解されないと言うことは、それだけ記事としての価値が落ちる事になり、検索順位などもダウンする原因にもなります。

文中での言葉遣いにも気を使いましょう

連続更新記録にこだわっている

連続更新自体は悪いことではありませんし、毎日記事を書くための時間を豊潤に使えるのであればなんら問題はありません。
しかし、執筆時間もないのに連続更新にこだわるあまり、まったく練られてない記事を連発しても、長期的に見たい場合「カスリもしない記事」を量産することになります。

例:この頃芸能人じゃない人が眩しかったりするんです - とまじぃさんち

書く時間がないのなら「20分で書ける記事を量産」するのではなく「60分(20分×3日)かけた濃い記事」を書くことを意識しましょう。

長期的には「3倍時間を書けた記事は3倍以上のアクセス」を生むでしょう

記事が短い

諸説ありますが、500文字とかの短記事に比べて2000文字を超える様な記事のほうが、検索順位は上がる傾向があります。
ながければ特定のキーワードの出現率もあがりますし、いわゆる「語句への関連性」も高いと判断されるのだと思います。

短記事連発より長めの記事少しづつを心がけよ

頻繁にデザインを変える

広告配置・ブログのデザインなどを頻繁に変える。
特に収益が少なかったりすると焦ってしまって、変更しまくったりしてしまいます。
でもこれ・・・言うほど儲けに影響ありません(笑)

なんなら、儲かってるブログのデザインを丸パクリして微変更すればいいんです。

それでも儲からないなら、原因は別のところです

デザイン変えてる暇があったら記事を書け!!

投稿タイミングが悪い

思いついたら即書き始め、書き上がったらすぐ投稿。
ちょっと待った!!
記事ジャンルや内容にもよりますが「その記事を好む人達が読む時間帯」というのは存在します。
あえてPC系でしか役にたたない記事を通勤時間帯に投稿すれば、「あとで読む」意味でのブクマがつきやすい とか。 逆に「この人はいつも深夜0時に投稿するからそろそろ来るかな?」なんてのも効果的だったりします。

投稿時間には気を使いましょう

記事は使い捨てだと思っている

流入は執筆から二日間。
バズったり、炎上したりして初日にはてブ経由で流入があって、翌日にスマートニュースやらFacebookから流入があったら、その記事の役目は終わり。
そう思ってませんか?

長期的にみた場合「バズ」や「はてブ数」はそこまで検索流入には影響しません。
あくまでも「一過性の儲け」を生むだけです。

長い目で見たら「煽らず、貶さず。盛らず」な真摯な記事が稼いでくれることを心がけよ

ブログのテーマがはっきりしない

ガチガチのレビュー書いてると思ったら、翌日にはポエムを綴っている。
そんなブログだった場合、検索でレビューにたどり着いた人が「お?ついでにポエムも読んでいくか?」ってことにはなりません(笑)

ガチガチにジャンルを特化しすぎても書くネタに困ってしまいますが「ある程度の方向性」は確保しておくことを心がけよ

ブロガーしか好まないネタを書く

ブログデザイン・広告など「ブロガーの大好物」ネタは多々あります。

ブロガーさんが主な客層になる→ブロガーは広告踏まない→儲からない

といって、急に一般ネタに舵を切ると ブロガー来なくなる→訪問者減る→寂しくてブロガーネタ書く

っていう負のスパイラルに陥ります。

儲けたかったら一般層にウケるねたを書け

Adsenseやアフィ系ネタが多い

これはもう末期症状。
普段の生活に特に変化がないようなおっさんブロガーだったりすると、日々広告位置やデザインを替えたりして「自らの実験」をコンテンツにし始めます。

「客層がブロガー」「adsenseネタを見に来た人が広告を踏むわけなない」という、隙のない二重苦のおかげでまったく儲かりません。

この土日なんか、2日とも1000アクセス超えてるのにクリック0でしたからねうちwwwww

まとめ

ということで
【儲からないブロガーに学ぶ】儲からないブログの特徴10選でした

自分で書いてて悲しくなってきたわ(泣)

ほんだばねー

なんつってー!! (執筆時間35分)