とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

mastodon(マストドン)をどう楽しんでいくかに関する個人的見解

数日間マストドンを試してみて、色々な部分を知った上でのこれからのマストドンとの付き合い方を考えてみます。
f:id:tomag:20170418213330p:plain

基礎知識

今回の記事の内容を読むにあたって、まず知っておきたいマストドンの基礎知識。

  • インスタンス
    マストドンは分散型のサービスなので、サーバーごとに管理やログは独立している。

  • ローカルタイムラインと連合タイムライン
    インスタンス内に流れているつぶやき(トゥート)を見れるのが「ローカルタイムライン」
    インスタンス内のユーザー(ローカルユーザー)がリモートフォローしている他のインスタンスのユーザーのつぶやきまで見れるのが「連合タイムライン」
    連合という名で誤解しやすいが、特にサーバー同士で連合を組むような仕組みではない。

大手インスタンスのメリットとデメリット

pawoo.net - Pawoo(パウー)mstdn.jp - mstdn.jpの様に数万単位のユーザーを抱えているインスタンスへの登録。

メリットとしては「マストドンの勢い」を感じられる滝のように流れていくタイムライン
魑魅魍魎が跳梁跋扈しているかのごとく、様々な話題や色々な画像。
エロからグロまで色んなものが流れてくる良い意味で闇鍋状態。

デメリットとしては
人数が多い大手だと結局使い方的にTwitterと変わらなくねぇ?というあたり。
数万人もいればジャンル的に偏った人が集まっているわけでもなく、流行りに乗って適当にウェーイ♪な方々も多々いらっしゃる。
そんな中から気になる人をフォローして「自分のタイムライン」を作っていかないとイケナイ。
要は「twitterの二番煎じ」的な使い方でしかないわけですな。

ジャンル特化インスタンス

現時点ではまだ流行りだしたばかりなので、そこまで他ジャンルに分化されてるわけではないけれど

みたいな感じでジャンルに特化したインスタンスも登場してきています。

こういう特化サーバーで何が起こるかと言うと
ジャンル特化→登録ユーザーもそのジャンルが好き→他インスタンスのユーザーをフォローする時も同ジャンル系をフォロー→結果、連合タイムラインにもそのジャンルの話題が多くなる 。

という感じで、ジャンルに特化しているからこそ、さらにジャンル特化の純度が増したタイムラインになっていくわけです。

このあたりがtwitterなどの集中型と違って、マストドンならでは分散型という特長を美味しくいただける使い方なのかなぁ?と

まとめ

ということで、あくまでも個人的な使い方のとしましては

  • ジャンル特化または小規模インスタンスをメインの活動として
  • 連合タイムラインではそのジャンルが無作為に流れてくるのを楽しむ
  • ジャンル外で気になるユーザーはフォローしてホームのタイムラインで補足

こんな感じで使っていってみようと思います。

ブロガー特化インスタンスとかあったら興味深い会話とか情報が流しあえそうでおもしろそうなんだけどねぇ。

誰かインスタンス作ってくれないかなぁ(他力本願w

当面は とまじぃ - 労働者たちのMastodon←こちらをメインに活動していますので、よろしくどうぞ。

中小インスタンスに来てみたわかったのは・・・。
ローカルタイムラインで@もなく普通に会話が成立してるあたりw

大手の流速ではありえないコミュニティがそこにはあるので、一度試してみてください♪