読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

iPhoneの「格安SIM運用」と「Docomo運用」の価格を比較してみた

スマホ スマホ-docomo

年も明けてかれこれ10日。 もう一ヶ月少し経つと、
「高校に合格したらスマホ買ってね♪」なんて感じで、世間の携帯ショップには中学3年生があふれかえる時期になります。

そこで気になるのがいわゆる「携帯代」。
一人ならまだしも、兄弟何人かいたりすると携帯代だけで月数万円も飛んでいくなんてこともザラでございまして。

「金勿体無いから格安SIMで格安androidでも使えよ!」っていいたいのは山々。

でも、なんだかんだいいながら若人たちはiPhone使いたいんですよね(笑)

うちも娘二人いますけれど、ふたりともiPhone使ってますし
(親二人はP9 lite と Zenfone2 Laserです)

今時キャリアメールは使わない?

なんだかんだいいながらMNP全盛のこの時代。
うちの娘達も元々はソフバンでiPhoneを使ってましたが、進学先のソフバンの電波がいまいちって事もあり、docomoに乗り換えました。

以前だとキャリアメールが連絡の中心だったので、通信会社乗り換えってのはハードルが高かった印象がありますが、娘たちを見ていると、現在はLineなどが中心の様で、MNPで乗り換えても全く支障がないみたいです。

つまりは・・・・。

iPhone使ってれば通信会社はどこでもよくない? ってノリ?

Lineで友達登録するときに「うわ!格安SIM回線かよ?」みたいな事にはなりませんからね。

ということで、実際iPhone7(32GB)をDocomoと格安SIMでそれぞれ運用した場合の料金をシミュレーションしてみます。

Docomoの場合2年しばり適用の方が安くなりますので、2年縛り適用。
データ容量は・・学生さんは結構使うので20Gとかで計算してあげたいのですが、とてつもなく高くなっちゃうのでとりあえず5Gで

Docomoの場合

料金体系が複雑で、私の理解をはるかに超えてるので、docomo料金シミュレーションを利用します。
iPhone料金シミュレーション | iPhone | NTTドコモ

設定は以下の通り。

f:id:tomag:20170111072500p:plain
f:id:tomag:20170111072110p:plain

  • 機種:iPhone7
  • 容量:32GB
  • 新規契約
  • カケホーダイライト+2年縛り
  • データ容量5GB

カケホーダイライトに関しては格安SIMと条件を合わせたいので、導入したくないのですが、導入が必須になっているので、やむなく採用です。

では月々の支払い額は???

f:id:tomag:20170111072538p:plain

8667円???

あれ?数年前に娘達が契約した頃はこんなに高くなかった気がするんだけど。
値上がりしました??

ってことで2年間支払いますと
8667×24=208008円也

格安SIMの場合

条件を合わせるためにiPhoneはAppleの24回払いローン。
回線は楽天モバイルの5GB音声つきで計算してみましょう。

まずは本体をAppleで見積もり。
f:id:tomag:20170111072949p:plain

24回払いで月々3200円

次に通信料金。

f:id:tomag:20170111073243p:plain

5GB通話プランが月々2150円

f:id:tomag:20170111073428p:plain

条件を揃えるために5分かけ放題もプラスしてみましょう。

かけ放題が月々850円

合計3200円+2150円+850円=月々6200円

二年間で6200円×24=148800円

まとめ

実は記事を書く前には一切計算せずに、書きながら計算していたのですが、思ったほど「激安」な結果にはならなくて拍子抜けしてしまいました(笑)

本当は「格安SIMで運用したら半額以下!!」みたいなのを期待してたんですけど(汗

やはり3万円を切るような格安スマホと違って、通信料に対するスマホ本体の価格が占める割合が高いのでどうしても割高になってしまうようです。

って事で月々の支払い額は2400円程度の違いと言う微妙な結果に終わりましたが、2年使うとなれば6万円くらいは違ってくるということです。

この6万円を「安心代」や「回線の安定代」として払えるかどうかが、選択の分かれ目になりそうです。

ちなみに親は・・・。

私が回線はNifmoで端末がP9 Lite。 かみさんが回線がIIJで端末がZenfone2 Laser。

私の場合を例に取ると

端末代が25000円弱。

回線はNifmo の音声通話+3GBプランで月1,600円(税別)

基本的に連絡手段はLine&Line通話なので通話代は月数十円しかかかりませんので
2年換算致しますと!!

通信費:1600×24×1.08(消費税)=41472円
端末代:25000円

そしてNifmo の場合9ヶ月使うとキャッシュバックされるので

キャッシュバック:-10000円(3GBプランの場合)

契約のデータ容量とかSIMの種類とかでキャッシュバック額は変わってきますが、説明してると長くなっちゃうのて割愛(笑)

興味のある方は下記リンクから確認してみてください♪

>>Nifmo公式ページはこちら

ということで

2年で合計:56472円

ということで、あくまでもiPhone使ってデータもそれなり、かけ放題もプラスしちゃうと先述の値段になってしまいますが、

  • 外で動画とかみないしゲームもしないのでデータは3GBで十分
  • 基本的にLine中心で通話はしないのでかけ放題もいらない
  • iPhoneにこだわりはないのでAndroidで十分

という条件であるならば、格安SIM+格安スマホ使用で、DocomoでのiPhone運用の四分の一程度に抑えることは可能です。

お子さんたちのスマホはほら・・・いろんなしがらみがありますから無理してiPhoneでもしょうがないですけど。

その分親たちは安いのに乗り換えて家計を楽にするしかなさそうですね(涙