読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

【HHKB lite2】Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac購入レビュー

おはよございます♪
都会の方々はすで12/25日頃から大型連休に突入してるかと思いますが、田舎暮らしの私は今日からやっと連休でございます。

そんな私の元に、新しいガジェットというか周辺機器が増えました♪

Happy Hacking Keyboard Lite2 For Mac

知る人ぞ知る「高級キーボードの最右翼」Happy Hacking Keybord professionalっていう2〜3万円の高級キーボードが存在するのですが、それの廉価版と申しましょうか登竜門的な商品と申しましょうか。

キーピッチはフルキーボードと同じ19.5mmでありながら、余計なキーを片っ端から排除しまくっておかげで超コンパクトな商品に仕上がっております。

・・・が!!!

おかげでファンクションキーはないし、テンキーもないしページアップやページダウンなんかも一切ないw
(実際はないわけではなくてFnキーとの組み合わせで使用できます)

今回はその「一癖も二癖もあるキーボード」のMac専用板(US配列)を購入いたしました。

打ち心地

上級機の「HHKB professional2」に関しては、触ったことはありませんけれども「異次元の打ち心地」とのことで、下記のお二方をはじめとして世間に数々のHHKBジャンキーを生み出しているようでございます。(笑)

www.mikinote.com

www.nubatamanon.com

そのHHKB professionalは2〜3万円もするので、今回私が買ったLite2と比べたら数倍の価格の高級機。

キーの構造も静電なんたらかんたらとかいう方式(うろ覚え)らしく、一般的なメンブレンやパンタグラフ方式とは打ち心地も寿命も全然違うらしいとのこと。

といっても・・いくら評判が良いとはいえ、触ったことも見たこともないキーボードに3万は出せないなぁと。
ましてや俗に「変態キーボード」とも呼ばれる系統のモノですからなおさらです(笑)

ということで今回は「HHKBのエッセンス」に触れるためにLite2を購入してみたわけでございますな。

で・・・肝心の打ちごこちなんですが。

今まで使ってたロジクールの2000円くらいのキーボードK275の打鍵音を擬音で表すと
テケテケテケ!!(アルファベット)ペシン!!(スペース)パスッ!!(エンター)
ってな感じだったんですが、今回のHHKB Lite2の場合は
カコココココ!!(アルファベット)ゴスッ!!(スペース)コトッ!!(エンター)
ってな感じですね(わかりにくい)

全体的に「スコスコ感」が強い感じで、K275に比べると弱い力でサクサク打てるので疲れにくい印象はあります。
ただキーボード自体の高さが結構高いので、キーのストローク感とか手の乗せた時の段差感には多少違和感がある気もします(慣れでどうにかなるレベルですが)

キーボードの手前に別売りのパームレストとかおいた方が幸せになれるかもしれませんね
(見栄えとか気にしないな巻いたタオルとかでも可)

個人的には裏の足的なものを立てずに角度をつけない方が使い易い印象。

professional2の場合は三段階調整できますので、もうちょい自分にあったセッティングができるみたいですね。

慣れないといけない点

HHKB特有というよりは初USキーボードという点の方が大きいのかもしれませんが、「これはちょっと慣れるまで時間かかりそうだなぁ」という点が何個か

f:id:tomag:20161229080600p:plain

①Returnキーが小さい
これはUSキーボード特有。 今まで無駄に大きなエンターキーの日本語KBを使っていたので、Returnキーがここまで小さいと小指の照準が定まらないんです(笑)
昨日数時間使ってやっと慣れてきましたが「普段求められていない精度」で小指を動かす必要に駆られて、右小指が軽く攣りそうになりましたからね。
Return押したはずが②のDeleteキーを押してしまって、せっかく打った文字を消してしまったコトも何度か(涙

③shiftとFnを押し間違える
右Shiftキーはそんなに使わないんですが、癖で「?」の時だけは右Shiftを使っちゃうんですよね。
で・・指が「Shiftは右端」って覚えちゃってるんで、ついつい「Fn」キーを押しちゃうんです。

普通にホームポジションで打ってれば「Fnキー」に小指は届きにくいはずなんですが、右手を大移動して「?」を打っちゃう癖があるんでついつい「Fn」を押しちゃうっていうね。
基本に立ち返って、きっちりとホームポジションで小指を使ってShiftキーを押せるようになりたいと思います。

結局のところ今までさぼってきた「右手小指の再鍛錬」が今後の課題になりそうです。

まとめ

そんな感じでHHKBを買う前の机上がこんな感じでした。
キーボードがでかいのでマウスの稼働スペースが狭い上にMacBookが斜め置きされてます

HHKBに替えてからの感じがこちら

いやぁスッキリしました(笑)

あとはHHKBにはUSBポートが二つついておりまして。マウスとか色々つなげるようになってるわけなんですが!!

我が家ではSoundBlasterが繋がっております。

キーボードを繋ぐ際にはデスクトップモードで使うので、せっかくですからMacBookの小さいスピーカーからではなく、PC用のスピーカーから音が出せるようにって感じで。

Macさんは頭が良いので、未接続時は本体から音が出ますが、接続した途端にSoundBlasterがデフォの出力に切り替わりますし、「切り替えを意識」することもなく、HHKBを接続すれば勝手にデスクトップのスピーカーから音が出るようになるので、便利ですよ♪

ちなみにHHKB Lite2のUSBポートはUSB1.1仕様なので、便利そうだからといって外付けHDDやUSBメモリーなどをつなぐと、速度不足で延々待たされたり、電力供給不足でそもそも使えなかったりとかありますので、あまり高度な機材はつながない方がよさそうです(笑)

ということで・・・延々とまとまりもなく書いてきましたが・・・。

実はこのキーボードに慣れるために無駄に長めの記事を書いてみたというだけのお話でしてwww

やっぱ右手小指を酷使するので、もうしばらくは右手の筋肉痛に悩まされそうだわ〜(笑

それにしても・・・。

ほら!夏場とかに「腹減った〜」とかなった時に「冷やし中華」とか食べちゃったら、酸味で胃が刺激されて「食べたのになぜかさらに腹減った」なんて経験ありませんか?

今まさにあの状態でして。

「買ったばかりなのに、professional2欲しくなってきた」って事です(マテ

Lite2が使いにくいとかではなく、逆に「LIte2がここまで使い易いって事はプロはもっと・・・ゴクリッ」って意味でね