読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

DOCOMOの650円スマホ「MONO」スペックなどまとめ

スマホ スマホ-docomo

Docomoから「実質650円」なスマホMonoが発表されました。

今回はその【実質】650円スマホのスペックをまとめて見ます
f:id:tomag:20161020074127p:plain

スペック

_ _
CPU Qualcomm MSM8952=Snapdragon 617
(1.5GHz+1.2GHz駆動のオクタコア)
OS Android 6.0
RAM 2GB
ストレージ 16GB
画面 4.7インチ(1280×720ドット)
アウトカメラ 1330万画素
インカメラ 490万画素
バッテリー 2440mah
無線LAN IEEE 802.11b/g/n
その他 防水(IPX7)、防塵、ハイレゾ音源再生対応
  • iPhone7くらいのサイズ感。
  • CPUパワーは今時のエントリークラスとミドルレンジの中間くらい
  • カメラの画素数は十分(画質は不明)
  • バッテリーはメーカーによれば「普通の使い方で80時間」(????)
  • おサイフ携帯、ワンセグなどはなし

650円になる条件

  • 「端末購入サポート」に加入する必要あり。
  • 「端末購入サポート」加入条件は カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、データプラン いずれに加入すること(月額7000~8000円)
  • 12ヶ月以内に端末購入サポートを解約した場合は16000円程度の負担が発生
  • 端末購入サポートを適用せずに購入した場合は30000円程度との噂
    参考リンク:http://toyokeizai.net/articles/-/141205

まとめ

650円という価格だけが独り歩きしていますが、実際のところは「一年縛って回線料金で元を取る」という、いつもの手法なだけで、あくまでも「実質」ということですね(笑)

650円握りしめてdocomoショップに行って「回線いらないからMONOを650円で売って!!」って言っても追い返されます。「実質」ですから・・・。

規制が厳しくなったんで今はなくなりましたが、iPhoneも過去には「実質無料」だったわけですから、今の時代だからこそ「実質650円」という表記がもてはやされているだけで、それほど安いわけではない・・と思うのは私だけではないはずです。

実際のところ、この端末を「実質650円」でDOCOMO使用するより P9liteZenfone3あたりを格安SIM運用する方が年間の出費は抑えられるわけですから。

みなさま「650円」って謳い文句に騙されて 余計な出費しないように気をつけてね♪