読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とまじぃさんち

信じるか信じないかはあなた次第・・・。

儲かる記事が一目瞭然!!Google Analyticsで【記事別収益】を見る方法

インターネット インターネット-GoogleAdsense

GWもほぼ終了。
みなさんのGWのAdsenseはいかがでしたか?

平日特化型の当ブログは完全に閑古鳥が泣いておりまして、5日間で400円切ってます(泣)

その分Amazonさんが1000円弱行ってくれてますので、「休日はAmazon系記事」に注力しようかな~(日和見

AdsenseとAnalytics

広告界の雄「Google Adsense」そしてアクセス解析界の巨塔「Google Analytics」
ブログで少しでもお小遣いを稼ぎたい方々は、大部分の人が導入していることと思います。

Google Adsenseはプラットフォーム毎の収益やクリック数、広告ユニット別など様々な切り口から収益の傾向を分析できます。

そしてGoogle Analyticsは、どんな記事が読まれているか、どこから人が来ているかなどアクセスの傾向を多角的に分析できます。

どちらも高機能で素晴らしいのですが、これらを連携することで、さらに多角的な分析が可能になります。

たとえば
どの記事が儲かってるか?
みたいな下世話な分析とかですね(笑)

準備編

まずはAnalyticsとAdsenseの連携。
これをやっておかないといけません。

Google Analyticsの画面にて。
「Analyticsの設定」→「adsenceのリンク設定」
f:id:tomag:20160506070049p:plain

「新しいAdsenceリンク」からリンク可能なadsenseリンクを選択してリンクしてください。 f:id:tomag:20160506070311p:plain
なお当ブログはすでに「リンク済み」であるため「リンク時の詳細画面」が見れないので、各自うまいことやってください(笑)

儲かってる記事を調べよう!!

これで準備完了です。
と言っても、連携後のデーターしか見れない(はず?)ので、この記事を見て連携させた方は、数日~数週間待ってから見てみてください。

それでは!!

サイドバーの行動カテゴリー内の「ランディングページ」へ移動しましょう。
f:id:tomag:20160506070833p:plain

画面右上で「解析期間」を設定できるので設定しておきましょう(過去7日間とか今月とか指定期間とか)
f:id:tomag:20160506071226p:plain

最後にグラフの上あたりにある「adsense」をクリックします。 f:id:tomag:20160506071308p:plain

以上の操作で「各記事の収益」が表示されます。 f:id:tomag:20160506071804p:plain

わかりやすいURLを各記事に割り振ってる方は必要ありませんが、デフォのURLなど使っている方はアドレスを見てもなんの記事かわかりませんので、以下の表示をしてください。

①セカンダリディメンション→②検索欄に「タイトル」と入力→③「ページタイトル」をクリック
f:id:tomag:20160506071606p:plain

上記の操作で「ページタイトル」が表示されるので見やすくなりますね。
f:id:tomag:20160506072105p:plain

ここからは架空のデータです

当ブログをいつもご覧になっていただいてる方はもうおわかりと思いますが。
ここからは架空のデータです

あくまでもこんな感じで見れますよ!という例をGoogleスプレッドシートで再現したものです。 信じるのは読者さんの勝手ですけどね

f:id:tomag:20160506072624p:plain

仮に2~4月と言う設定のデータです。

「adsenseネタを書いても広告はクリックされない」と思い込んでましたが、TOP10のうち、なんと8記事が広告ネタ(笑)

逆に気合入れて書いてるはずの「ガジェット系ネタ」に関しては「スピーカー記事」が唯一ランクインしてるだけで、他のスマホ系や格安SIM系はランク外という結果に。

結構レビュー系で稼いでらっしゃる人は「ガジェット系とadsenseは相性悪い」なんていいますけど、データ的にもそれは一理あるようです。

むしろ「儲からないけどAdsenseネタを探求しちゃおう」って思ってた俺的には「Adsenseネタでも多少はお金を生む」って事がわかったので、ちょっと救われた気持ちです(笑)

と・・架空のデータを元に想像で感想を述べてみましたw

まとめ

こんな感じで、色んな切り口から見てみると「儲かってると思っていたカテゴリが実は全然だった」とか「クリック多い割に収益少ない記事は、広告単価低いジャンルなんだな?」とか、色んなデータが見えてきます。

もちろん「広告に振り回されて書くジャンルを選ぶ」なんてぇのは本末転倒ですが、ある程度指標があると、モチベーションにも影響してくると思いますので、各自活用していただければと。

さて・・GWもあけまして一週間ぶりくらいに出社される方も多いかと思います。
無理してぎっくり腰とか起こさないように、まったり仕事してくださいね♪

さて俺も出社~

ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

2016/05/08追記

同内容をスマホアプリでも閲覧できる方法を記事にしました。
出先でも確認したい方は参考にしてくださいませ♪

www.toma-g.net